旭川の整体師が教えるゴルフスイング~腰を捻るな!腕、クラブの重さを活かせ!

腰を捻り過ぎることで腰を痛めるゴルファーも多いと思います。基本的に腰椎は捻り動作が苦手です。そんな腰椎を捻るようなゴルフスイングは腰を痛めやすいといっていいでしょう。
野球のバッティングもゴルフも基本的な身体の使い方は同じです。腕やクラブの重さを活かしたスイングで確実に遠くへ飛ばしましょう。コツは、腰ではなく腕の抜きにあります。

腕の抜きについて学びたい方は個人トレーニングでお待ちしております(^^)

 

参考文献

野球【バッティングの極意】脇を締めるな!【肘を落とせ】旭川の整体師が教える

バッティングでよく脇を締めろと言われた経験があります。しかし、自分から脇を締める行為は【力み】であり【緊張】です。【力の抜き】を使ったバッティングの極意では【肘を抜く】にあります。肘を抜くことで自然な遠心力が働き、フライボール革命に沿ったスイングに自然となります。自然体を目指すには筋トレを一時的にもやめないと無理でしょう。元々センスある選手は筋トレしても大丈夫ですが、センスがない人ほど筋トレは危険です。

優しい動きを習って力の抜き方が分かると動画の内容を体現できます。野球が上手くなりたい選手は当院の個人トレーニングを受けてみてはいかがでしょうか。

スポーツのパフォーマンスが劇的に上がる【華の動き】

僕が治療技術や身体技術を学んでいるスキンドライブシステム創始者 新井 洋次先生 考案の西洋的動作【華の動き】の電子書籍を書かさせていただきました。

 

 

スポーツは西洋発祥の競技です。

 

西洋発祥であるため、当然ながら西洋民族の身体に合った動作がスポーツになります。

 

西洋の方々の多くの【骨盤が前傾】しています。

 

骨盤が前傾すると捻り動作が行いやすくなります。

 

日本人は骨盤が後傾しています。

 

日本人がスポーツが苦手な理由は、民族性的に骨格がスポーツに適していないからです。

 

それでもスポーツは人気があり、競技人口も多いです。

向いていないから簡単に「諦めろ」とは言えません。

スポーツが上手くなるには骨盤前傾を力みなくできるといいでしょう。

スポーツをして選手が怪我するのは、骨盤を後傾させたまま「力に任せた捻り動作」を強要してしまうことにあります。

骨盤を後傾したまま無理に捻れば腰に負担がかかります。

「腰が痛い」というアスリートは増えていると思います。

 

小学生が腰が痛いと言います。

 

それは合わない動作を強要して無理な動作を行なうからです。

どこかを痛めるスポーツの取り組み方は、超一流アスリートになる取り組み方ではありません。

日本人がアスリートとしてのパフォーマンスを上げるなら、日本人としての動作と西洋的動作を両方できるようになるのが上達への近道です。

 

どちらもリラックスして行うのが必須です。

 

施術のご予約はこちらから↓↓↓

 

当院の整体は、「スキンドライブシステム」

「優しい動き」をもとに行なっています。

良い姿勢が身体を壊す!筋トレ、ストレッチ不要!【優しい動き】5秒で変わる身体進化術!武術、介護も進化!-スキンドライブシステム

良い姿勢が身体を壊す!筋トレ、ストレッチ不要!【優しい動き】5秒で変わる身体進化術!武術、介護も進化!-スキンドライブシステム

 

「優しい動き」の電子書籍を書かさせていただきました。

 

「優しい動き」は施術法ではありません。日本人に合った動作術です。

 

日常を「優しい動き」にしていただくと肩こり、腰痛、頭痛、膝痛、肩痛などの

体の使い方が原因の症状が改善します。

体が楽になれば精神面も楽になり、ストレスを受け流せるようになります。

スポーツ・ダンス・モデルをしている方々には併せて「華の動き」の指導もしています。

西洋的身体動作【華の動き】身体能力が劇的に上がる!スポーツ・ダンス・モデルのパフォーマンスアップに!~スキンドライブシステム~

 

「優しい動きセミナー」を一般向けに行っていますので、興味がある方はお気軽にご連絡ください。

 

優しい動きセミナー情報

 

 

 

肩こり、腰痛知らずになれる優しい動きセミナーを開催

旭川整体SMILEのブログを読んで戴きありがとうございます(^^)

 

優しい動きセミナーを8月11日に開催します。

 

肩こり、腰痛、関節痛などに悩まされている方が多いのですが、原因として一番多いのが民族性の身体の使い方ができていないからです。

“肩こり、腰痛知らずになれる優しい動きセミナーを開催” の続きを読む

軸がブレないようにとトレーニングをして壊す身体

旭川整体SMILEのブログを読んで戴きありがとうございます(^^)

 

一般的に広まっているトレーニングは【力を込める】ものです。力を込めるとは【力む】ということです。

 

スポーツでは、力むことはパフォーマンスを下げることと知っている人が多いのですが、力を入れて【力みをつくるためのトレーニング】をしています。

 

力みは【緊張】です。

“軸がブレないようにとトレーニングをして壊す身体” の続きを読む