旭川で自律神経失調症の施術が得意な整体

不調になり、病院に行っても原因がわからないときがある。そんなとき、医師から「自律神経の乱れですね」と診断される。

自律神経の症状の場合は、医師も整体やマッサージを患者様にすすめている。実際に整体を受けに来てくれる患者様は多い。

“旭川で自律神経失調症の施術が得意な整体” の続きを読む

旭川で慢性的な肩こりに人気の整体

旭川で肩こりを治したいと思いの方々はたくさんおられると思います。

肩こりには軽いものから慢性的なものがあります。

当院の整体では肩こりを改善することを目的に施術しています。

改善するための施術をするのですが、結果として深いリラクゼーションにもなります。

さて、肩こりの主な原因は後頭部から肩甲骨にかけて付いている僧帽筋が固くなることといわれています。 “旭川で慢性的な肩こりに人気の整体” の続きを読む

営業日と3月から場所の変更いたします

通ってくれている皆様には大変申し訳ございませんが、今月から営業日数を縮小しました。

さらに来月から営業場所を変更します。場所については旭川市の南地区か豊岡地区の地区センターなどをお借りして営業をする予定です。

施術コースでは一番お手頃のお試しコースであったスポーツ整体3000円を廃止いたしました。

人気なのがスキンドライブ整体8000円ですので、継続してスキンドライブ整体(整体×気功×催眠療法)をメインに施術致します。

その他として、普通の整体を超えたマッサージのようなほぐしを50分5000円で実施します。10分延長ごとに1000円をいただきます。セルフケアなどの指導も10分1000円の中に組み込んでいきます。

例)整体50分×セルフケア指導10分で6000円となります。スキンドライブ整体は1時間のコースとなっております。時間の範囲内で患者様の状態に合わせ少しずつセルフケアをご提案しています。

ガッチリと身体の使い方やセルフケアを個人で習いたい方は個人トレーニング90分8000円をご利用ください。

皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、営業日と場所が変更になります。東鷹栖と遠い場所でしたが、3月からは市街から近い所での施術と個人トレーニングができますので、ぜひともご利用ください。

場所は追ってブログでお伝え致します。場所をお借りするため、ご予約は1週間以上前からお願い致します。

子供のおんぶの仕方 旭川の整体師が教えます

おんぶするときに体を真っ直ぐに保とうとすると腰痛や肩こりになりやすくなります。また、腰や胸から背中を丸めるのもよくありません。かといって良い姿勢をとって胸を張るのもよくありません。

詳しく習い合い方は【優しい動きセミナー】か【個人トレーニング】を受けてください(^^)

優しい動きを習った方は、優しい動きに合わせて動画の内容を行ってください(^^)

チャンネル登録していただくと、更新動画を見逃すことなく観れますよ(^^)

旭川で痛い整体マッサージを受けると固くなる?


スキンドライブシステム北海道のブログで『「強揉み」「痛い」施術の欠点』というブログを書きました。以下は、そのブログの引用です。

治れば方法は何でもいいですが、ここでは「痛みを与え、患者様が耐えなければいけない施術」について考察していきたいと思います。道具を使う場合は、道具の種類によっては痛みをともなうものもあります。本当に【良い道具】の場合はこれから書くことが当てはまりません。

また、痛みをともなう「強揉み」でもプラシーボ効果や施術者の暗示性がともなう言葉によって良くなる場合もあるでしょうが、プラシーボ効果抜きで考察していきます。

 

「痛い」と緊張する

「痛み」に耐えようとすると身体を硬直させて緊張します。ときには歯を食いしばり、呼吸を止めてしまうものです。

ドアの角に足の小指をぶつけてしまったときに【悶絶】をした経験はないですか?

太ももの横(腸脛靭帯)に膝蹴りを入れるなどのおふざけが子どもの頃に流行りましたがかなり痛いです(笑)また、手のツボや足のツボにふざけてグリッと押したりしたものです。

こういう痛みを受けたとき、悶絶するかぐっとこらえて息を止めている、歯を食いしばってこらえているかと思います。痛みを与えられてもリラックスできる人はそうそういないでしょう。

悶絶するのはテンションが上がっているような興奮状態です。耐える、息を止める、歯を食いしばるのは力んでいる(緊張)状態です。

「強揉み」によって患者様が「痛い」と感じ耐えなけらばいけないのなら、患者様の身体は興奮状態か緊張状態にあるといえます。呼吸を止めてしまうくらいに耐えているのであれば身体にはよくないのはすぐに理解できるでしょう。

食べられなくても数週間から数か月は生きていけますし、不食の人もいるくらいです。でも、呼吸が止まれば数分で気を失うでしょう。

それだけ大事な呼吸を止めてしまうと、筋肉は緊張していきます。自律神経の働きからみても呼吸は非常に大切なものです。

呼吸が早く浅いと交感神経が優位になり筋肉は緊張します。簡単にいうと【筋肉がこる、張る】状態になります。ですから、痛い施術に耐えている間(力を入れて耐える、息を止めて耐える、声を出して耐える)は興奮・緊張状態になり、筋肉がこったり張ったりします。

これはリラックスとは反対の状態になるのです。疲労でも風邪でも寝れば回復するものですが、それは寝ると自然治癒力が発揮されやすいからです。寝れば脳波も下がり深いリラックスができます。

このようにリラックスすることが自然治癒力を最大限に発揮してくれるのですが、施術によって興奮・緊張をともなう痛みを受けると自然治癒力が引き出されにくいといえるでしょう。

 

痛い施術の原因は施術者の身体操作

痛い施術になってしまうには原因があります。それは【施術者が力んでいる】からです。

治療家といえば「姿勢を治してくれる」というイメージがあります。しかし、力む身体の使い方をしている場合は【正しい姿勢】ができていません。治療家でありながらご自身は固い姿勢をしてしまっているのです。

そんな身体の固い治療家の施術を受けると患者様は【緊張】してしまうのです。それがソフト整体ならまだいいですが。強く押す場合は、患者様は痛みを感じ耐えなければいけません。

このような力の押し込みだと、表面の筋肉にしか圧が届きません。ですから、患者様は表面の筋肉を緊張させ押し込みから身体を守ろうとしてしまいます。施術者の力に対して力で防御する形になります。そのときに呼吸を止めて耐える、歯を食いしばって耐える状態になりやすいのです。

身体のこり・張りなどの緊張や固さを取りに治療院に行ったのに、新たな固さをつくる可能性があります。そして、揉み返しになるような施術は、こういった痛みを与える施術に多いのです。揉み返しは好転反応ではありません。

このような施術だと肩こりが治るどころか治りにくくなることもあります。力による施術を繰り返し受けると、患者様は「どんな施術を受けても肩こりが治らない」というマイナス暗示がかかってしまう場合もあります。

 

強揉みや痛い施術は、このように自律神経やリラックスする観点からみると身体にとっては良くないかもしれません。

痛い施術が全て悪いとはいいきれませんが、実際に「痛くて嫌だけど治すために頑張って通っていた」などの話しを聞くこともあります。患者様に頑張らせている時点で緊張させています。頑張ることは緩む、柔らかくなるとは反対の行為です。

先生を選ぶ際に身体の使い方を気にするのもひとつの方法です。


旭川で足もみ・フットマッサージをお探しなら

足裏にはツボや反射区といわれるものがあり内臓と繋がっているといわれている。

ここは心臓に効く、ここが痛いと肝臓が悪いというあれだ。

ツボや反射区といわれる足裏を押すと痛いイメージがある。

この痛いマッサージは本当にいいのか?

テレビなどで痛みに耐えながらマッサージを受けている映像を見ているので「痛い」イメージを持ってしまいがちだ。そして、「痛いから効く」というイメージが定着している。

しかし、痛みは身体の防御反応だ。外部の刺激から守ってくれるありがたい反応だ。

だから、「痛い」と感じたならそれは「不快だからやめろ」と身体が反応しているのだ。

痛みに対して筋肉を緊張させ防御反応を起こす。この反応を繰り返すと指圧に対する痛み感覚が鈍くなる。

すると、「もっと強いマッサージをお願いします」となるのだ。

痛いマッサージを受け続けると筋肉のこりや張りは取れないばかりか余計に固くなる。

健康に良いといわれる足裏のマッサージやフットケアは少し考えた方がいいだろう。

実は本当にツボがあるかもわかっていないのだ。

大事なのは心地良く受けてリラックスできるかどうかだ。リラックスることは病気の予防にもなる。

痛みに耐えながら受けるマッサージは気を付けた方がいい。

足裏を心地良く押されると全身が緩む。内臓の緊張も取れるということだ。