若々しく生きるための日本人的身体の構築~優しい動き~

 

誰しもが若々しくいたいという願いがあると思います。実年齢より上に見られてしまうといった悩みもあるかと思います。

 

50歳や40歳が20歳に見えるというのは正直怖いくらいの化粧をして、目が眩むほどのライトを浴びて加工なりした写真でしょうからここでは論外です。

 

ここからは、歳を取っても力が衰えない、むしろ瞬発力やスピードなどが歳を取れば取るほど上がっていく生き方について書いていきます。また、実年齢には見合わない肌質などについても書いていきます。

 

そんな生き方をしていると、実年齢とは思えないキレやスピード、元気さや健康体、綺麗なお肌を手に入れることができます。

身体の使い方が生体構造をつくる


ここからはスキンドライブ新井先生からシェアしてもらった本の情報を基に書いていきます。

 

筋肉、腱、関節、皮膚が動くたびに微小な電気が生じます。

 

その動きの圧力が大きければ、電気エネルギーも大きくなります。

 

地面を叩くように蹴れば圧力も大きく、電気エネルギーも大きくなります。負荷が大きい分、足への負担も大きいということです。

 

生体の組織は、身体の使い方に応じて変化すると知られています。そして、コラーゲンの生成にも身体の使い方が関与しているようです。

 

難しいことは抜きにして「身体の使い方や習性などによって身体の生体構造がどんどん変化している」ということです。

 

現代の身体の使い方は老けやすい


今の情報を踏まえて現代の方々の身体の使い方を見ていきましょう。

 

歴史背景は省略しますが、戦後流入した西洋式の姿勢を基に学校では姿勢指導が行われています。西洋式の姿勢や動作自体が合わないのですが、姿勢指導で1番やってはいけない教え方をしています。

 

それは【緊張】と【力み】でつくる姿勢指導です。

 

「背筋を伸ばしなさい」、「胸を張りなさい」という【力でつくる姿勢】を無意識に皆教えています。

 

さらに雑誌、書籍でもそのように載っていますし、トレーナーや治療家もその延長で姿勢や動作を教えています。

 

筋肉が動けば、電気エネルギーが発生します。緊張で保つ立ち姿勢や座り姿勢では、常に筋肉が仕事をしているのです。ですから、このような筋肉を緊張させる一般的な良い姿勢は疲れやすいのです。

 

そして、疲れるとぐったりした顔になりますよね。常に過剰にエネルギーを消費していれば、ぐったり顔が常となります。いわゆる老け顔ですね。

 

過剰にエネルギーを使うと言えば、トレーニングがいい例です。5kgのダンベルを持つのに20kgの力を出すような形でトレーニングが行われますね。

 

自重で行うトレーニングも「そんなに踏ん張って辛くやらなくてもいいのに」と思ってしまいます。

 

負荷を過剰に与えるので、その分発生する電気エネルギーも大きくなります。

 

身体を【緊張】や【力み】で使えば、生体構造も緊張や力みの習性に合わせて変化するでしょう。緊張は疲れますから、いつも疲れている状態になってしまいます。疲労を溜め込めば老けやすいですね。

 

現代の多くの日本人の身体の使い方は、このように緊張と力みを伴った西洋式の身体の使い方をしています。民族性に沿っていない時点で身体が上手く使えていません。さらに追い打ちをかけるのが【緊張】と【力み】です。

 

老けやすい、衰えやすい身体になっているのが現状の日本です。

 

武術家が衰えない理由


武術家は生涯武術家です。死ぬ時まで武術家なのです。

 

そして、緊張や力みが大っ嫌いなのです。

 

生涯武術家である時点で、衰えてはいけませんね。だから鍛錬を積み重ねています。その鍛錬はトレーニングとは全く反対のことをします。

 

鍛錬のひとつとして型稽古があります。型稽古は一見窮屈で緊張しそうですが、緊張や力みを取っていくものでもあります。また、そういった緊張や力みを気付かせてくれるものでもあるようです。

 

一見窮屈そうな型の中で自由に動けるように鍛錬を積み上げるのです。

 

自由と言うのは、緊張や力みが一切取り払われた状態ではないでしょうか。

 

筋肉が衰えるのは仕方ないことですが、緊張や力みを取ると重力や遠心力、作用反作用の力が使えるようになります。武術の達人は、そういった自然法則の力を利用できる身体の使い方をしています。

 

自然法則の力を利用するということは、筋肉を過剰に使わなくていいのです。だから、負荷も小さくなり発生する電気エネルギーも小さくなりますね。

 

自然法則を使った力の出し方を体感すると「やべーっ!」と感じました(笑)

 

新井先生の師匠は、大気拳をずっとしている80歳を超える吉田かずお先生です。ある日、新井先生が吉田先生の技を受けたら【猛禽類】と感じるほどのとてつもない力を発揮されたそうです。新井先生が「ヤバい!」と思ったほどだそうです。

 

そして、新井先生がその技を僕にかけてくれました。僕が新井先生の両手を全身の力を込めて掴んでいたら、もの凄いG(重力)を感じるとともに両膝をついて倒れてしまいました。

 

嘘だと思われるかもしれませんが本当です。

 

どんなに筋肉を太くしてもこういった力の出し方はできません。自然法則を味方につけるしかないのです。

 

吉田先生は81か82歳だったと思います。新井先生は45歳です。二人とも年齢から考察できないほどの有り得ない身体能力を発揮します。そして、肌もつやつやです。

 

本来、身体を磨き上げるということは、こういうことなのです。

 

自分も33歳ですけど、20歳の時よりも身体能力が遥かに高いです。

 

その秘密が【優しい動き】です。

 

若返りの秘訣は【優しい動き】


 

武術となると、興味がない人は敷居が高く感じてしまいます。しかし、日本の武術動作にも土台が必要なのです。

 

その土台が日本人古来の身体の使い方です。

 

今の時代は達人と呼ばれる人が少なくなっていると思います。習いたいという先生がなかなか近くに見つからないと思います。その理由は日本人古来の身体の使い方を忘れてしまったためです。

 

江戸や明治初期には達人がたくさんいたでしょう。有名な名前がいくつもでてきますね。。

 

そして、現代では武術や武道が西洋式の姿勢で行われているところが非常に多いようです。西洋式の教育を受けているから仕方ないと言えばそれまでです。

 

型などは、日本人古来の姿勢と動作に合わせて作られていますから、西洋式の姿勢で行って上手くいくはずがありません。そんな状態で続ければ達人と言われる人が減っていって当然ではないでしょうか。

 

まずは日本人本来の姿勢と動作を取り戻し、身体に再度アップロードしなければいけません。

 

スキンドライブシステムでは、日本人本来の姿勢を【優しい動き】と名付けています。

 

優しい動きをすることで武術の土台になるだけでなく、着物の作法にも通じます。その作法に乗って日常をすごすことで肩こりや腰痛といった現代の人々が抱える不調が改善されます。

 

なぜ、不調が改善されるかというと、その名のとおり【優しく動く】からです。言い換えると【流れるような動作】です。

 

筋トレや雑な身体の使い方とは違い、負担が極めて少なくなります。ですから、動いても筋肉への圧力が小さいので電気エネルギーの発生も少ないのです。筋トレは細胞を破壊させますが、優しい動きは細胞が破壊されない動きなのです。

 

だから衰えにくいのです。

 

身体の使い方が身体構造を決定するので、【優しい使い方が若さの鍵を握る】のです。さらに優しく使うことでコラーゲンの生成も手伝ってくれるようです。

 

優しく動けばお肌もつやつやになりますね。

 

当院では、そんな若々しくなれる優しい動きセミナーを第一or第二土曜日のどちらかで月1回開催しています。

 

日常動作を楽にしたい、肩こり、腰痛、関節痛とおさらばしたい、武術が上手くなりたい、着物を上手に着こなしたい、スポーツが上手くなりたいなどの要望に応えられます(^^)

 

 

優しい動きを習う前に電子書籍をご覧ください。電子書籍を読んでから習うと理解しやすいです。

 

優しい動きの動画もご覧ください

 

 

 

優しい動きセミナーは全国各地で開催しています。下記スキンドライブシステムのホームページからセミナー情報をご覧になれます。

 

 

当院へのお問い合わせ

お問い合わせ

 

北海道のセミナー情報

北海道でのスキンドライブ基礎、優しい動き、基礎トレーニング、プロフェッショナルセミナーはこちら

北海道セミナー情報

宮城・東京・大阪のスキンドライブシステムセミナー情報

スキンドライブシステムホームページから→http://skin-drive.com

スキンドライブと優しい動きの電子書籍

スキンドライブシステムが分かりやすい漫画新井さんまんが電子書籍201804

スキンドライブチャンネルで気の正体

口癖を変えるとどんな効果があるのかが分かる書籍。おすすめです(^^)

医療催眠について

 

まずはスキンドライブの催眠漫画を

https://drive.google.com/file/d/1feRCSay8xnMPrFty_f-dXVELPNokJneF/view

 

催眠のDVDもあります。

https://chirobasic.jp/harada_arai/index.html?aKey=EAnx4q&dKey=

 

スキンドライブのLINE@

創始者とインストラクターのブログやお得な情報が見られます。気軽に登録してください。