日本人古来の身体能力を再生させて痛みのない身体へ~優しい動き~

 

日本人には日本人の身体能力があります。世界と比べて日本人の身体能力が低いと言われるのは、スポーツにおける走る、跳ぶ、投げるなどを基準にしているので低いと言われるだけなのです。

 

侍や日本の武術を基準とした場合にはスポーツ的動作は身体能力が低いと言われるかもしれません。

 

「日本が良い」とか「スポーツが悪い」と言うわけではなく、その国の民族が持っている能力を最大限引き出すことで快適な日常生活が送れるのです。

現代の日本人の身体


 

現代の日本人は、民族性の身体能力がほぼ失われています。ですから、肩こり、腰痛、膝痛などの痛みを抱えている方も多いのです。また、30代、40代、50代と歳を重ねるにしたがって衰えを感じている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

それは、明治以降、間違った西洋的姿勢が広まり【緊張】や【力み】を伴った姿勢と動作で過ごすようになったからです。

 

緊張や力んでいる動作を積み重ねると疲れやすくなります。疲労が蓄積すると当然身体は固くなります。肩こりや腰痛になり、関節の可動域も小さくなってしまいます。

 

若い頃はいいのですが歳を取れば疲れやすくなったという声をたくさん聞きます。

 

身体のプロである治療家さんからも「歳を取って疲れやすくなった」などと聞くと残念で仕方ありません。そして、治療家さんも患者様に施術をして腰を痛めている方が多いようです。

 

身体に精通している治療家さんでもこり固まった身体をしているのが現実です。そして、トレーニングで改善しようと策を出すも長続きしませんね。トレーニングで言えば、昔なら腰痛には腹筋背筋でしたが、今は大腰筋を鍛えるために体幹トレーニングなどを行っているようですが、力みや緊張を生むトレーニングに変わりありません。

 

何度も言いますが、体幹トレーニングをしても軸をつくれません。流れる動作を手に入れることはできません。日常動作が楽になることはありません。

 

明治以降に間違った姿勢と動作が根付き始め、現代では心も緊張傾向にあります。さらに身体を柔らかくしようとトレーニングやエクササイズが行われていますが、柔らかいとは逆の固める行為を知らずに行っているのです。ですから、現代の人々は肩こりや腰痛、五十肩、膝痛などの関節痛などの症状となって表れやすい状態にあります。

 

運動不足の方であれば、トレーニングをして一時的に改善することもあると思います。しかし、一時的な効果に過ぎないのです。

 

なぜなら、トレーニングは力を入れて行う動作だからです。新たに力みと緊張を生む行為なので、トレーニングに慣れてきたころには違った痛みや辛さ、歪みが表れるでしょう。

 

では、どうすればいいのかというと、身体の使い方を明治以前に戻してあげればいいのです。

 

日本人古来の動作ができない現実


 

明治の前は江戸時代です。江戸時代は着物を着て生活しています。

 

着物を着ると分かるのですが、洋服のような自由な動きはできません。一枚の布を羽織って帯を締めると無理に捻ったり、足を前に出して踵から着地する歩きができないのです。

 

無理な動作ができなくなる着物ですが、現代の方々は着物は億劫なものという間違った意識が先行して、着物を着れば緊張してしまうでしょう。

 

歩き方も現代の方々は、雑になっています。足を前に出して踵から着地する歩き方で下駄を履けば、鼻緒で擦れて痛めることでしょう。実際にお祭りなどで浴衣姿の人の歩き方を見ても不自然なのです。

 

下駄をカランコロンと鳴らして歩くのが粋と言われますが、それは違います。カランコロンと鳴らすのは下手な歩き方です。不良っぽい兄ちゃん達が浴衣を着て歩くとそんな感じですかね。綺麗とは言えません。

 

というように着物や浴衣を着たり、下駄を履いても日本人の動作ができないのが現実です。

 

ですから、着物や浴衣を着る前に日本人の動作を学びワークをする必要があります。

 

スキンドライブでは、日本人古来の動作を優しい動きと称しています。

 

優しい動きの特徴


 

優しい動きは、江戸時代の一般庶民の写真、侍の写真や近代の武術の達人の写真や動画を観て日本人の姿勢を紐解いたものです。

 

西洋の方々と大きく違う点が骨盤の角度でした。昨今言われる良い姿勢は【骨盤前傾】です。しかし、昔の日本人や武術の達人は【骨盤後傾】をしているのです。

 

そして、侍や武術家だけではなく江戸の庶民も骨盤を後傾させているのです。

 

実際に骨盤を後傾させるだけでも、物を持ち上げる動作がとっても楽になります。

 

骨盤後傾をしても【優しい動き】の本質を知らなければ、実践できません。

 

本質を知って優しい動きのレベルを上げて戴ければ、肩こり、腰痛、関節痛などが改善されます。歩き方も改善されるので捻挫癖がある人にもおすすめです。

 

そして、そういった症状予防や不慮の事故による怪我の予防にもなります。

 

さらに洗練させ力みや緊張が抜けてくると、身体の使い方が下手な治療家の施術に違和感を感じるようにもなるでしょう。

 

身体の使い方が下手な人の施術を受けると、力みや緊張が患者様に伝わります。自然治癒力が発揮させれるのは緊張とは反対のリラックス状態です。術者の身体の使い方に緊張があると患者様は無意識に緊張してしまうのです。

 

ですから、治療家も日本人古来の姿勢と動作を洗練させていくことは非常に大事なことなのです。はっきり言いますと、優しい動きがしっかりできている施術の素人が叩打法、軽擦法やマッサージをした方がプロの治療家さんより上手なのです。

 

優しい動きの習得は、患者様側の方々にとっては不調を改善し予防できるものとなります。仕事や家事、育児が楽になり、無駄なトレーニングやリハビリが必要なくなります。

 

治療家側のメリットは、自分自身が疲れない施術をできるようになります。さらに不調を訴えている患者様に日本人本来の姿勢や動作を指導することができます。

 

優しい動きを習う前に電子書籍をご覧ください。電子書籍を読んでから習うと理解しやすいです。

 

優しい動きの動画もご覧ください

 

 

 

優しい動きセミナーは全国各地で開催しています。下記スキンドライブシステムのホームページからセミナー情報をご覧になれます。

 

 

当院へのお問い合わせ

お問い合わせ

 

北海道のセミナー情報

北海道でのスキンドライブ基礎、優しい動き、基礎トレーニング、プロフェッショナルセミナーはこちら

北海道セミナー情報

宮城・東京・大阪のスキンドライブシステムセミナー情報

スキンドライブシステムホームページから→http://skin-drive.com

スキンドライブと優しい動きの電子書籍

スキンドライブシステムが分かりやすい漫画新井さんまんが電子書籍201804

スキンドライブチャンネルで気の正体

口癖を変えるとどんな効果があるのかが分かる書籍。おすすめです(^^)

医療催眠について

 

まずはスキンドライブの催眠漫画を

https://drive.google.com/file/d/1feRCSay8xnMPrFty_f-dXVELPNokJneF/view

 

催眠のDVDもあります。

https://chirobasic.jp/harada_arai/index.html?aKey=EAnx4q&dKey=

 

スキンドライブのLINE@

創始者とインストラクターのブログやお得な情報が見られます。気軽に登録してください。