四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは


四十肩・五十肩はその名のとおり、40代、50代に発症しやすい肩の痛みのことをいいます。

症状としては「肩を上げると激痛が走る」「衣服を着る際に痛む」などがあげられます。

別名、「肩関節周囲炎」と呼ばれ、現在ではデスクワークやスマホの操作によって肩周囲を固めてしまい若い年齢層の方々も発症している症状です。

急性期には、激痛が走り手先までしびれることもあります。慢性期に入ると、肩の可動域が制限され動かしにくい、引っ掛かりを感じ鈍い痛みが残ります。

放っておいた場合は、半年から1年で痛みが消えるといわれています。しかし、適切な治療を行なわなかった場合に可動域が狭くなり動作制限が残るともいわれています。

早期に整体などの適切な施術を受けると、痛みも改善され可動域も戻ります。

 

四十肩・五十肩の原因


加齢によって肩関節周囲の筋肉が固くなり、炎症や痛みを引き起こすものといわれています。若い層にも増えている四十肩・五十肩です。共通していることは肩関節周囲が固くなっていることです。固くなれば動作制限がかかるので「肩を上げると痛む」という症状が現れます。

肩周囲の筋肉、関節が固くなって起こる症状が「四十肩・五十肩」です。

 

改善するには


単純に整体などで固くなった筋肉を柔らかくほぐしていけば改善します。肩周囲の筋肉の拘縮を取り除くことで動作制限も改善されます。

さらに日常でセルフケアをすると、より楽に肩を動かせるようになるので再発の予防ができます。

固くなる原因は様々ですが、動かなすぎで固くなった場合は日常で簡単な体操をして動かす習慣に変えていきます。

動きすぎで固くなった場合は、筋疲労が取れる体操をしてケアをします。

当院の整体とセルフケアで四十肩・五十肩は改善できます。

 

歳を取るほど柔らかく


一般的に加齢とともに筋肉が衰え固くなっていくといわれています。しかし、40代、50代でも柔らかい方々はたくさんいます。

筋肉によるパワーは衰えますが、柔軟性は保つことができます。

適切なケアや体に優しく日常を過ごせれば、むしろ筋肉の柔軟性は上がっていきます。

当院の整体では、筋肉をマシュマロのように柔らかくほぐし、柔軟性を取り戻していきます。さらに簡単にできるセルフケアを提案して、柔軟性を高めてもらいます。

このような取り組みで加齢とともに筋肉の柔軟性を上げていきます。

良い姿勢が身体を壊す!筋トレ、ストレッチ不要!【優しい動き】5秒で変わる身体進化術!武術、介護も進化!-スキンドライブシステム日常がセルフケアになる「優しい動き」も施術時間内で提案しています。また、セミナーとして「優しい動き」を指導しています。

「優しい動き」で四十肩・五十肩知らずになれます。

整体とともに「優しい動きセミナー」もお試しください。