肩こり、腰痛、頭痛などの不定愁訴

ブログを読んでいただきありがとうございます(^^)

 

 

肩こりや腰痛を抱え、どこへ行っても良くならないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

また、不定愁訴と言われ、頭痛、疲労感、イライラ、緊張、めまい、生理痛、冷え症、不眠症など挙げればキリがない症状に悩まされている方もたくさんいるか思います。

 

 

施術を受ければ、かなり軽減されるか、症状を抱えていたことすら覚えていないような状態になる方もいます(^^)

 

ただ、「頑張る」習慣が根付いている方は、元に戻りやすい傾向にあります。

 

 

スキンドライブでは、「頑張る」とアドレナリンが出て興奮、緊張するからセロトニンを出していきましょうと言っています。

 

 

ここを少し詳しく。

 

 

不安、恐怖な出来事と遭遇すると、脳からノルアドレナリンが出て、身体からはアドレナリンが出ます。不安、恐怖に対して闘うか逃げるかを選択して対処するのです。太古の時代であれば、狩りをして戦うのか、猛獣が来たら逃げるのかを選択していたのでしょう。狩りは1日に1回でしょうし、猛獣が頻繁に現れるところに住まないでしょうから、ほぼリラックスしている時間の方が多かったでしょう。

 

 

今の時代は、職場などでストレスを受けても、闘うことも逃げることも出来ずに我慢しなければいけません。我慢し続けて、ある日キレてしまったり、もの凄く病んだり。

 

 

ノルアドレナリンが異常に出ると、不安症や恐怖症、うつなどになることもあります。

 

 

ノルアドレナリンが出ると身体からアドレナリンが出て緊張します。緊張するということは、交感神経が高ぶっている状態です。自律神経が乱れて、慢性的な肩こり、腰痛、頭痛や不定愁訴に見舞われると言われています。

 

 

ほぼ24時間、興奮、緊張して過ごしてる方が多いのです。自分ではそんなことはないと思っていても、呼吸や表情、目、身体の固さに表れています。

 

 

ドーパミンは快楽を得る物質ですが、ノルアドレナリンと同じ興奮作用をもたらします。これが過剰になると依存症になったり、幻覚を見たり。

 

 

これらを支配しているのがセロトニン。セロトニンは精神の安定をもたらして、身体を緩めてくれます。

 

 

精神が安定している状態で、興奮や緊張を支配するのがいいのではと(^^)

 

 

狩りをして緊張感がないのもおかしいですよね。冷静でありながら、「狩る」という集中力も必要です。冷静で逃げるから、退路を間違わないで生き延びれるのでは。

 

 

セロトニンを優位にして、ドーパミンなりアドレナリンなりをコントロールすれば、慢性的な肩こりや腰痛、不定愁訴も改善されていくかと(^^)興奮や緊張が取れれば良くなって当然かと(^^)

 

 

物質名がわからない場合は、緩んだ思考と身体で、感情をコントロールするということです。

 

 

緩んでくると、戦うことも逃げることも冷静に出来てくるので我慢することが少なくなります。冷静だから相手の状況も考えられるようになるかと(^^)

 

 

まずは、「頑張る」を止めてみてはいかがでしょうか(^^)

 

 

施術で緩んで、施術時間の枠内でセロトニンを出す方法や優しい動き(頑張らない動き)を提案しています(^^)

 

 

通ってくれている方は、周囲から表情が変わったなどと言われたり「明るい、幸せ」な方向へ(^^)なので、僕も「幸せ」なんです(^^)

 

 

良くならない人は「やってくれていない」という(^^;

 

 

日常で出来ることなので気付いたらやってくださいm(__)m

 

 

100%辛いと思っていたことでも、10%の明るいことを探し始めるようになればオッケーです(^^)良い波に乗って、良くなる方向に進むだけ(^^)

 

 

どこへ行っても良くならない方や緩んだ思考と身体使いでレベルアップしたい方、なんでもいいから良くなりたい方などなど全て対応します(^^)

 

 

それを自分で学びたい方はスキンドライブセミナーに

旭川では「体験会」「優しい動きセミナー」を4月23日に

北海道でのスキンドライブ基礎セミナーは6月下旬に予定しています(変更があるかもしれません)

施術・お問い合わせは info@seitaismile.com

 

東京・大阪・宮城のスキンドライブセミナー情報は

 

http://skin-drive.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です