下手な自分を捨てれば上手くなる

北海道旭川市「整体SMILE」小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

 

あることが出来ない学生を教えていたのですが、教えるより出来る人を見れば上手くなると知っていたので、出来る学生に見本になってもらい何回もある動作を繰り返してもらいました。

 

 

出来なかったことがだんだんと形になっていきます。そんなことを15分くらい続けていたら出来るようになっていました(^^)

 

見て上手くなるためにはモノマネの能力が必要です。部分を見て真似しようとすると大体おかしくなります。全体をぼんやり見ることで全体像を捉えられるようになります。全体像を捉えて雰囲気も真似ていくことで、モノマネがやりやすくなると思います。

 

 

本題で「下手な自分を捨てれば上手くなる」とは

 

 

下手を作り出しているのは自分です。これは見たもの聞いたことを自分の頭で解釈し作り変えてしまうんですね。どんなに優れた人に教わっても、自分で解釈してしまうからせっかくの優れた教えが台無しになります。

 

 

これはスキンドライブ基礎セミナーで【〇覚と〇覚について】で説明を聞けば理解できます。

 

 

僕も自分の頭で解釈してました。この自分の頭ほど怪しいものはないと思う程です(笑)

 

 

最近は野球選手のモノマネが上手と言われますが、昔は全く出来ませんでした(笑)今でも自分の動画を見て、まだまだだなと思ってしまいます。それでも上手いと言われるようになったのは【〇覚と〇覚について】を学んで、自分の思考を疑うようになったからです。

 

 

自己暗示で【出来る】というマインド設定もしつつ、自分の頭で解釈したことは【怪しい】と疑っているのです(^^)

 

 

僕は守破離でいう【守】の段階にやっと辿り着いたのだなと思っています。

 

 

【守】は師の教えを守る段階。【破】は師の教えを破る段階。【離】は師の教えから離れる段階。と応用セミナーで教えてくれます。

 

 

やっと辿り着いたというのは、【守】を行なうには【そのまんまをモノマネする】ことが大事ではないかと思ったからです(^^)

 

 

それには基礎セミナーで【〇覚と〇覚について】を学び、応用セミナーで【自我を消すワーク】【五感を磨く〇〇】などを習うことによって【そのまんま観る】能力が養われるのだと実感しています(^^)

 

 

出来る人になるには【出来る人を真似る】に限ります。そこで、コロッケさんの本を読むと、なるほどと繋がるのです。

 

 

街を歩いているときなどはモノマネのネタを探しているのではなく、フワッとぼんやり観ているのだとか。その方がいろいろな情報が入ってくるということを仰っています。

 

 

出来るというマインド設定をしつつ、自分の思考を通さないで観ることで野球選手のモノマネが上手いと言っていただけるようになったのでしょう。

 

 

下手な自分のマインド、自我、自己解釈を捨てると上手くなるということです(^^)

 

 

その土台を作るには【皮膚、脳、思考、身体】をひとつにする必要があります(^^)それらを贅沢に全部学べるセミナーがスキンドライブセミナーです(^^)

 

 

北海道でのスキンドライブ基礎セミナーは、4月9日

お問い合わせ・申し込み・施術は → http://seitaismile.com

 

 

東京・大阪・宮城でのセミナー情報とスキンドライブの施術を受けられる治療院情報は → http://skin-drive.com

 

 

 

3月19日、東京・中野の基礎セミナーに僕も参加します(^^)創始者が、しばらく基礎セミナーをしないかもしれないので、貴重な機会を皆さんもぜひm(__)m

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です