【中心に居る】こと

 

旭川整体SMILEのブログを読んで戴きありがとうございます(^^)

 

 

大阪の大畑先生から、「先日の応用セミナーの内容は號ちゃんが書くから」と丸投げされました(笑)なので書こうかと(^^)

 

大畑先生のブログはこっちです→行きつく先は・・・「・」

 

どんな世界であれ、どんな道であれ進んだ先にあるのはってことが書かれているかと(^^)ちゃんと物理法則、自然法則を目指した場合に限ります。筋肉や知識を付け足す世界ではありませんので(^^)心も身体もよりシンプルになっていく世界です(^^)

 

ということで、今月17日に行われたスキンドライブ応用セミナーの新しいお話しです(^^)

 

 

ブログで書いても読者様に解読されない自信があるので書いてみよう(笑)セミナーに出た方は復習になるかと思います(^^)

 

 

創始者の新井先生は合気道が好きで、独自に研究されています。表面的な相手を痛めつける技ではありません。護身術としての表面的な合気道では護身にならないこともちゃんと知っています。ですから、スキンドライブを使って危険を察知し、危険な場所、人に近づかないのが大事だと仰っています。

 

 

合気道の創始者 植芝盛平先生は「敵と友達になる」と言っています。敵と友達になるという行為は患者様の治療にもなります。敵意を失わせて仲間になる感じでしょうか。植芝先生に挑んだ強者達は、先生に投げられ大抵の人が弟子になっていたそうです。

 

 

僕も合気道に興味を持っていたので、書籍などを読んでいた方だとは思います。植芝先生のことが書かれている本は正直、何を言っているかわかりません。「宇宙そのもののわしにかかってきても無駄だと」いうようなことも書かれています。

 

 

今回の応用セミナーは、植芝先生の源流を辿って辿って現時点で行き着いたことを提案してくれました。

 

 

植芝先生は「宇宙はポチから始まった」「高天原」「宇宙と一体となる」などという言葉を使っています。それを物理法則から解明してくれました。

 

 

それらを行なうことによって施術における技術がいらなくなるということでした。植芝先生も「合気道には形がない」と言っていますので、治療も同じということです。でも、いきなり「技術はいらない」と言われると困るので技術を使った方法もちゃんと提案してくれています。

 

 

今回の内容を知ることによって、自己の中心が大事であるということが深く理解できました。植芝先生の弟子である塩田剛三先生は「円運動の求心力、遠心力を巧みに利用して、相手の体制を崩して技をかけます。」と言っています。技術を使った治療方法は、この求心力と遠心力を調和させて使うものでした。

 

 

植芝先生の本を読む前に、塩田先生の本から読む方が今回の内容を理解していきやすいかと思います。塩田先生も「相手と友達になる」と言っていますし(^^)

 

 

 

技術を使うにしろ、使わないにしろ円運動が綺麗に作用するためには中心が大事になります。基礎セミナーでワークしているものがとっても大事なのです。

 

 

中心が崩れることによって身体を壊します。肩こり、腰痛なども中心がないために起こるかと。身体のバランスが崩れていると言えば分かりやすいでしょう。バランスが崩れたまま日常を過ごせば、腰や肩だけではなく内臓が悪くなることも理解できます。

 

 

これは人間関係にも言えることで、中心となる人のバランスが悪いと、そのグループは崩壊するでしょう。社長、部長、お父さん、監督、キャプテンと役職がある人や大黒柱となる人に歪みがあると崩壊しやすいということです。崩壊まではいかなくても雰囲気が悪い、居心地が悪いという状況は誰しも経験しているはずです。そんな会社なら辞めていく人が多いでしょうし、部活なら部員は辞めていくでしょうし、学校なら………。

 

 

ただ、中心となる人だけが中心を整えれば良いということではありません。平社員でも中心を保つことで、中心が崩れている上司からの攻撃から身を守ることもできます。中心があるからこそ、嫌なことを言われても影響が受けにくいのです。さらに嫌であれば、その環境から離れられるのです。

 

 

自己に中心がないと嫌な場所から逃げられなくなります。文句を言い続けて同じ場所に留まっているということ。たまにいると思いますが、自分の会社や今の居る環境への文句ばっかり言って成長しない状態です。自分も昔は、そんな小さい人間でした(笑)文句を言ってバランスをとれれいいでしょうが、言えない人は大変です。

 

 

中心をつくることは誰にでも大切

 

 

冒頭に話しを戻して、【中心に居る】ことで「危険に近づかない」ということができます。誰でも中心と成り得るので、【中心に居る】ということが大切なのです。

 

 

今回のセミナーでは、中心、求心、遠心ということが深く分かりました(^^)

 

 

筋肉を解そうとマッサージをすれば中心が崩れます。

 

 

野球のバッティングで言えば、「右打ちをしよう」「転がそう」「引っ張ろう」と思うと中心が崩れます。

 

 

ピッチングでは、「三振を取ろう」「コントロールを良くしよう」「打たそう」などと考えると中心が崩れます。

 

 

育児をしよう、家事をしよう、仕事をしようと過剰に考えると中心が崩れます。

 

 

過剰に「〇〇しよう」という感情の力みが、筋肉などを緊張させて中心を自ら崩していくのかと。自爆行為を無意識にしてしまっているのですな(笑)

 

 

で、中心がある人ってほぼ皆無です(笑)現代では、その道の達人と言われる人ではないと中心が確立されていないと思います。

 

 

でも、江戸時代の一般庶民には中心があるように観えます。スキンドライブをやり続けることによって、江戸後期の一般人の写真からようやくぼんやりと正中線などが観えるようになってきました。胸や腕が下にスーっと流れている感じや、大地からの反作用が頭上まで届いているなぁとか。侍などの達人だけではなく、一般庶民がちゃんとした身体でした。現代人は大抵の人がバラバラに崩れています。見かけだけ良い姿勢をしている人もいます。

 

 

スキンドライブは、江戸後期の一般庶民の身体を取り戻すという提案もしています。その時代の人々の生活は、身体が丈夫で使いこなせていないと生きていけなかったでしょう。丈夫というのは中心があり、自然法則に沿った身体です。ですから、生きるということに生きてくるのです。イメージでなく物理的に身体をこうすると胸が開くなどと教えてくれます。

 

 

僕自身にも中心が無いと知っています。だから、日々実践して少しづつ中心力を養っているのです。スキンドライブに限らず、上達するコツは「中心が無い」とまず知ることかと。中心があると自己暗示をしても無いものは無いのです。これは悲観するのではなく、妄信しないということです。そこからポジティブに楽しく中心をつくっていけばいいんです(^^)

 

 

自分はまだまだとちゃんと知れば、過剰に怒ることも減るでしょうし、身体にも優しいですよ(^^)

 

 

自分の状態を磨くからこそ、来てくれた患者様に足りないパズルのピースを埋める提案ができるのではないかと(^^)それで良くなってくれたら尚嬉しいと(^^)

 

 

「宇宙と一体となる」という合気道の謎が解けて、とても楽しくためになる3日間でしたm(__)m

 

 

~北海道・宮城・東京・大阪のスキンドライブセミナーと優しい動きセミナーの情報~

 

北海道の基礎セミナーは、次回1月27日(土)、札幌で開催予定です。

 

詳しくは↓↓

 

スキンドライブシステム®

 

当院の施術と北海道でのセミナーのお問い合わせはこちらから→お問い合わせ

 

 

 

~スキンドライブシステムDVD~

 

http://directlink.jp/tracking/af/1488717/Dp8kvaX6/

 

 

 

~スキンドライブシステムの電子書籍~

 

 

 

 

~優しい動きの電子書籍~

 

 

 

 

   

  

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です