天才とは努力する凡人である

 

旭川整体SMILEのブログを読んで戴きありがとうございます(^^)

 

 

「天才とは努力する凡人である」という言葉をアインシュタインが言っていたそうです。

 

とてもいい言葉だと思います。ただ、努力を闇雲にすればいいっていうことではないと思います。

 

 

学校の勉強や学校のスポーツが教えてくれるほとんどが、闇雲に努力するやり方です。アスリートのドキュメンタリー番組は、喰いしばって頑張っているところを中心に撮っているかと。そんな指導やテレビの影響を受けて、ただやり続ければいいという思考に僕たちは陥りがちです。

 

 

上手くいっていなくても、身体を壊しながら頑張っている学生は褒められるのかもしれません。しかし、社会では身体を壊し精神も壊すまで努力して、褒められても「後悔」するのではないでしょうか。ボロボロになってしまうまで頑張ってしまったことが悔やまれたりと。

 

 

 

そもそもスポーツでたくさん怪我をするのは、下手か身体を大切に扱っていないかです。スポーツは非日常動作ですから、ある程度の怪我はあるかもしれませんが、頑張らずに行っている選手は怪我が異常に少ないし、選手寿命も長いかと。

 

 

学校やスポーツで、ダメになる努力の仕方を身体に染み込ませるとなかなか変えられないのも事実です。それでも、変えようと思ったら変えられるのです。

 

 

 

教える立場の人が頑張れと言っているのは「一点に集中しなさい」というニュアンスに聞こえます。「集中しろ!」と怒鳴るのも周りを観えなくさせます。

 

 

全体が観えてこその集中力だと思うのです。何かに取り組んでいるときこそ、客観的に観て上手くいっているかダメになっているのかを検証しないといけません。頑張り過ぎると検証すらできなくなります。検証せずに「信じるだけの努力」は通用しません。

 

 

練習は平気で「嘘」をつきます。練習は「嘘」をついてくれるから間違いを修正できるんです。嘘に目をつむって、「信じて」やり続けてもダメなものはダメなんです。

 

 

スポーツであれ、勉強であれ、経営であれ、家事育児であれ、ほとんどが「力を入れる方法」で行われています。いわば「緊張する方法」です。ですから、身体も思考も「緊張状態」なのです。それが周りに伝わるので、周りの人達の身体や思考にも悪影響を与えているかもしれません。

 

 

客観的に観ることができるのなら、「力を入れる方法」とは逆の「力を使わない方法」があるのではないかと考えられるのです。力を入れ続けてきた人は信じられない傾向にあるか、自分のプロセスを否定したくないので「信じたくない」のかもしれません。信じる信じないではなく、「観る」ことが大事だと思うのです。

 

 

緊張していれば身体を壊して当たり前です。

 

 

 

僕は力を入れる方法(緊張する方法)をたくさん行ってきましたけど、身体を壊すことが多かったように思います。何で上手くいかないのだろうと疑問を持っていたので「力感を消す」やり方があることを知れたのかもしれません。

 

 

 

スキンドライブでは、「達成感」や「力感」を消していくことも行っています。それらの不要物を消していくことで治療、家事、育児、仕事が上手くいきやすいということ。さらに歌までも。料理もスポーツも全てです。

 

 

どんなことであれ「やり続ける」からこそ「気付く」「発見」するということがあると思います。

 

 

「気付く」「発見」するには、客観的に観れる状態をつくればいいかと思います。客観的に観れる状態とは、緊張や力み、達成感がある状態とは逆のリラックスした状態、緩んでいる状態でです。いわゆる【快適な状態】です。

 

 

 

【快適な状態】だから「気付き」や「発見」が生まれやすいのだと思います。

 

 

 

天才は努力する凡人であるのなら、天才と呼ばれた人の【状態】を観ていかないと、ただのかっこいい言葉で終わるんでしょうね(笑)

 

 

 

快適な状態づくりには、施術で身体を緩めるのもひとつです。

 

 

 

周囲に快適な状態を広げていきたいという方は、スキンドライブセミナーを受けてみるのも(^^)

 

 

 

~北海道・宮城・東京・大阪のスキンドライブセミナーと優しい動きセミナーの情報~

 

 

北海道でのスキンドライブ基礎セミナーは11月26日(旭川)

 

スキンドライブシステム®

 

当院の施術と北海道でのセミナーのお問い合わせはこちらから→お問い合わせ

 

 

 

~スキンドライブシステムDVD~

 

http://directlink.jp/tracking/af/1488717/Dp8kvaX6/

 

 

~スキンドライブシステムの電子書籍~

 

 

 

~優しい動きの電子書籍~

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です