固い路面、滑る路面、柔い路面に対応した【優しい動き】による歩き

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございます(^^)
 C7B2CB4E-E83A-48F5-BCFE-85496742FC88

 

午前中、車を運転中にふと見たんですけど、子供を抱っこしているお母さんがいました。辛そうだなと思ってしまいました。というのも、地面を蹴る歩きをしているんですね。不安定な雪道で、地面を蹴る歩きは、柔らかい雪がある場所では、足がとられ転びやすくなり、氷の路面では滑ります。
転ばないように、滑らないように無駄に力を使うので疲れやすい歩きとも言えます。
では、地面を蹴るということは、どういう状態か?
爪先に体重が乗っている状態です。よく言われる『爪先体重』です。
『爪先体重』で、ふかふかの雪、または柔らかい溶けたシャーベット状の路面を歩くと、足が埋まって転びそうになるんです。もちろん氷の路面も同じで滑ります。爪先で地面を蹴ってみたら分かると思います。特に滑りやすい場所で行ってみるといいでしょう。
 
では、『踵重心』は?
武道から身体使いを研究されている方の書籍を読むと、踵に体重を乗せるといったことが書かれていました。確かに滑らない路面では、力を発揮しましたが、氷の上では滑りました。
爪先にしろ、踵にしろ 足の裏に重心をつくるということは、点で支えいる状態です。点といっても鋭利な刃物ではなく、ただの足裏の一部に体重が乗っているだけです。その一部で踏み出せば滑るのも当然です。
 スポーツ動作でよく言われる、膝を抜く動き方も滑りました。
スポーツ動作の場合は、スパイクという道具を手に入れないと膝の抜きによる動きが難しくなります。日常でスパイクを付けられませんからね。氷の上ではなく、河川敷の土のグランドで、運動靴を履き、膝の抜きからの動き出しを行なっても滑りました。
仮にスパイクがあり、氷の上で滑らくなったしても、雪の上や砂浜ではスパイクは役に立ちません。岩の上、川底を歩いたこともあるんですが、スパイクがあると逆に滑ります。
膝の抜きや腰を抜く動作を書いた本を結構読んだことがありますが、日常でできません。膝を抜こうと思い出すことが難しいです。スポーツをやられている方は、練習時間があるので、膝の抜きからのスタート練習をやればいいと思います。僕は日常で膝を抜いての動き出しを行なっていましたが、止まってから動き出す時に膝を抜くので、身体が上下するんです(笑)日常で行うと恥ずかしいし、面倒です(笑)
優しい動きは、抜きの動作がないので、一回一回膝を抜く、腰を抜く必要がないので楽です。
優しい動きで歩くだけで、柔らかい路面も、氷の路面も難なく歩けます。
去年の夏、河川敷の砂地で、爪先体重による蹴る歩きと【優しい動きによる歩き】をやってみたら、足跡のつき方が違いました。爪先体重の足跡は、砂地に深くめり込んでいるのに対し、優しい歩きは、『うっすら下駄の形が残っている程度』でした。  雪の上でも簡単に出来るので、砂浜でもどこでも同じです。硬いアスファルトでも疲れにくくなります(^^)
冒頭の話しに戻して、優しい動きは抱っこも楽になります(^^)母が子供を楽に抱っこできているということは、子供も楽なんです。子供は言葉を話せないので、母や父の雰囲気を【肌で捉える】ことができます。言葉で優しく言っても、イライラした状態であれば、がっつり子供に伝わっています。
優しい介護と、力の介護を受けてもらった方には、優しい介護の方が安心すると言ってくれています。優しいおんぶと、力のおんぶでも同じように、優しいおんぶの方が安定感があって良いと言ってくれました。優しい抱っこは、子供が安心します(^^)
結局は、自分が心地良く動けているかによります。それは乱暴な動きで、カッコつけて気持ち良いとは違う動きです。自分も心地良く、相手も心地良くなってもらう動作が【優しい動き】
優しい動きは、ある部分の角度調整と手の形です。その状態で日常にどう生かすのかを提案します。日常をその状態で過ごすだけでも、様々な発見が出来るでしょう(^^)練習時間を特段を取ることなく、日常で使い続けるだけです。その状態で過ごすだけなので、とてもシンプル(^^)
どうしても1回習って、出来た気分になってしまいます(笑)出来た気分で過ごしていくと、習ったことが我流になり、とんでもない動きに(笑)
そうならないためにも、優しい動きセミナーは定期的に開催したいなと思っています(^^)来てくれる人のレベルが上がれば、より違った提案もできるでしょうし(^^)
世界初の優しい動きセミナーは、2月26日にm(__)m

料金 初回限定特別価格 3,000円(次回から値上がりの可能性も……)

日時 2月26日 10:00~12:00

場所 旭川市旭町2条8丁目 北星地区センター1階ななかまど

お問い合わせはメッセージ、メール、LINE何でも(^^)

 

スキンドライブセミナー情報は→http://skin-drive.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です