良い姿勢で苦しむ必要なし

 

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

今、日本で良い姿勢と謳っているのは、この写真のような姿勢だと思われます。民族性を考慮せずに教えている治療家さんやトレーナーさんがいることで苦しんでいる方が多いのでは?

 

41b71bd303580696f24412da4efc3654_s

 

たまに、こういった胸を張る姿勢を教わった方が来てくれます。

 

こういった胸を張る、または腰を反る姿勢を取ってもらい、「辛くないですか?」と聞いたら「辛いです!」と答えます。良い姿勢を強要することで、背中や腰を痛める原因の一つとなります。

 

 

一つの姿勢しか教えないから痛めるのです。この写真はアフリカ系の方なので、極端に腰を反っています。彼らはそれが良い姿勢であるからいいんです。スポーツが得意な姿勢でもありますね。この姿勢はバネがあって跳びやすいし、遠くへ打つ投げるが得意になる♪

 

日本人の多くは、胸を張るのではなく、【開く】 姿勢が合っています(^^)全員ではないですが。

 

なのに、胸を張った姿勢を教えて、壊れる方へ導く。僕も事務職を1年ほど経験してますが、良い姿勢を維持していたことで腰痛、息苦しさ、背中の張りがとれませんでした。

 

朝8時から夜6時まで、良い姿勢でパソコンをしていたら壊れるのは当たり前です。動くなと言っているようなもの。固まれと教えているんですね。

 

ずっと同じ姿勢は有り得ないですよね。常に生まれ変わっている身体なので、止まれない。僕も足を組んだりしてますし(笑)

 

肩をすぼめてしまうと、気持ちがうつっぽくなり落ち込みやすい。胸を張ると、威圧感があって、人から何も言われなくなるかもしれませんが、自分に合わなければ背中が張り、呼吸が苦しくなります。胸を張るのは、相手と「ぶつかる姿勢」。威圧したい方は胸を張ってください(笑)

 

日本人は、着物と正座の文化で「ぶつからない姿勢」になっていきました(^^)この姿勢を取ってもらった方が、楽だと言ってくれます♪日本人が穏やかであると言われていたのは、「ぶつからない姿勢」にあると思います♪

 

胸を張って楽だと言ってくれた高校生の男子には、胸を張る姿勢での動きなどを提案しました♪

 

日本式から西洋化された生活スタイルへ変化してきているので、この高校生のように、若い世代では胸を張っている方が合う方々もいます。

 

厳密には、胸ではなく【骨盤の角度】です。胸を張るから背中が痛くなりやすいのですね。肩の力を抜いて、骨盤だけを動かせば、他の国の方の姿勢でも楽に過ごせますが、緩んでいないと厳しいです。まずは、自分に合った姿勢を知り、そこを指標に緩め、環境に合わせて変化できる身体をつくっていくと楽になります(^^)

 

また、姿勢を維持するには、抗重力筋である姿勢筋に作用するセロトニンという物質が必要。やみくもに姿勢をつくっても疲れるだけです。

 

抗重力筋は表情筋も含まれているので、優しい顔立ちになりたい方はセロトニンを(^^)vアドレナリンやドーパミンばかり出すとどういった表情になるのかな…(笑)

 

スキンドライブでは、こういった提案もしています(^^)緩んでいることでスキンドライブが使いやすくなるからです♪

 

合わない姿勢を行なって痛めた方には、施術とともにこういった説明と緩めていく方法もお伝えしています(^^)

 

自分でセルフスキンドライブが出来ると、整体院に通わなくてもよくなります(笑)

 

治療家いらずの身体をスキンドライブセミナーで(^^)v

 

治療だけではなく、いろいろ使えるので楽しいですよぉ~♪

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です