日常を心地よく

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

日常を心地よく過ごせると、身体が軽やかになるかと♪さらに心も軽やかに明るく♪

 

新井先生のブログに気持ち良いと心地よいの違いを書いてくれています。

 

気持ち良いはドーパミンが出る。ドーパミンは快楽物質で報酬系とも言われ、薬もそのひとつ。薬よりドーパミンが出るのは瞑想だとか。何か一点に集中する瞑想なので、ドーパミンが出ます。座禅を組んで、足の痺れに気が付かず何時間も瞑想できてしまう。気持ち良くなって、足の痛みが感じられないくらいに麻痺しているんですね。

 

怖い…(笑)

 

スポーツで、怪我に気が付かず、試合に出ている状態と言えばわかりやすいかもしれません。

 

ドーパミンに対してセロトニンは心地よい♪ヴィパッサナー瞑想は、観察の瞑想なのでセロトニンが出ます♪ブッダが悟りを開いた時の瞑想です。行うならこっちの方が良いとは思います。本やネットに載っているので調べてみてくださいm(__)m

 

ドーパミンは一点集中型になり、周りが見えなくなります。これが悪いわけではないと思います。

 

野球において、最終回になんとしても塁に出たいなと思い、セーフティーバントをしました♪いい感じに転がったので、夢中で一塁まで走りセーフに♪この時って、正直周りが見えていないんですね(笑)一塁ベースしか見えていない状態。スイッチが入った状態で走っているので、走っている感覚もいつもより速い♪でも、僕は試合中ずっとスイッチを入れられないです(笑)バントにおいて、いいところに転がったので「貰ったー」みたいなスイッチが入っただけです。ドーパミンが出ていたんでしょうね(笑)

 

スイッチを入れようとして打席に立つと、僕の場合はボールに集中し過ぎて打てなくなりますし、守っているときはランナーや味方野手が見えなくなり困ります(笑)

 

チームスポーツは全体が見えないと困るので、柔軟に使い分ければいいかと(^^)v

 

 

「頑張れ」を強要する人がいますが「頑張る」はドーパミンが出やすい。現代は頑張る習慣が定着しているので、一歩引いて上から見るようにしてみるといいかもしれません♪頑張り過ぎている人、入れ込んでいる人は周りが見えていないと思います。

 

「頑張れ」「集中しろ」と言うのは、【周りが見えなくてもいいよ】と言っている(笑)それで失敗すると、「周りをよく見ろ」と言う(笑)前職場では、こんな言葉が飛び交っていました。一体どっちなんだと疑問に感じていましたが…。

 

 

スキンドライブでは、全体集中型のセロトニンを出す提案をしています(^^)

 

 

セロトニンは、静かな周りを見渡せる集中力、姿勢筋に作用し、痛みを抑える効果もあります(^^)出し方はいろいろあると思いますが、実感が湧かないと思います。なので、ワークを通して体験してもらっています(^^)

 

ドーパミンが悪いわけではないですが、ドーパミンを出して「ハイ」になる状態をつくり過ぎているのではないかと思います。登山をして、頂上で気持ち良いって感じていたのは、快楽を得ていたんだなーとわかりました(笑)今年は、店の裏の河川敷によく行っていましたが、心地いいんです♪河川敷を散歩しても達成感がないんで(笑)登山は達成感がある。

 

達成感があるのもドーパミンが出ているかもしれません。

 

苦行の末に得るものは、ドーパミンを出して快楽を得ているのかも。マラソンを走り切った後の爽快感とか、ランナーズハイなども。

 

登山やマラソンを否定しているわけではありませんのでm(__)m登山は好きですし♪

 

怒りも似たようなものです。だから、怒ると身体が壊れるんですね。

 

それよりも、穏やかでいれば、人の失敗もさほど気にならないです(^^)むしろ笑いにするくらいで♪

 

怒りが湧いてきたなーと観察出来るようになれば、感情が爆発することもなくなるでしょう(^^)

 

一点に集中する場合でも、一点は全体の中の一点ですね。やはり、全体を見れるようにしたいものです♪

 

スキンドライブは、治療法だけではなく、こういった周りを見渡せる心地よい状態をつくる提案もしています(^^)

 

治療技術だけではないんですね♪24時間使えるので、いつでもどこでも問題なし(^^)

 

セミナー情報はスキンドライブ

 

施術もよろしくお願いします(^^)v

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です