心って言うけれど身体も大事

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

ネットや本を読んいると物質の時代から心の時代へと言われているのが目立ちます。「ん?」ってなります(笑)

 

心はいつの時代も存在してきているのでは?物質はいつの時代も存在しているのでは?ずーっと心と物質があるんでしょうね(笑)

 

いつの時代も心と物質があるのだから、【心の時代は毎回】ですねと思うわけです。そんなことを考えている暇があるなら優しい心を優しい動きから導くのはどうですか?

 

心のことばかり言う人がいますが、態度や動きが優しくなければ、心も優しくない。

 

そこで【優しい動き】を提案(^^)

 

【心】を追及している人はどこかおかしくなっている傾向に(笑)身体をないがしろにしている。そういった方々に限って「心身一如」と言いながら乱暴な動きをしているんですね。心だ、気持ちだ、ソウルだと言いながら乱暴です。

 

心って五感と意(思考)であり、五感や意は身体という物質があるから存在しているので、心と身体は切り離せないですよね。心は身体という物質をないがしろに出来ない関係にあります。

 

ですから動きが乱暴で粗悪なら心も乱暴で粗悪となるわけです。

 

愛とか感謝と言っている人も怪しい(笑)感謝言葉のありがとうを何回言っても心に響かなくてアトピーは悪化しましたよ(笑)感謝の言葉だけで病気が治るなら誰も苦労しない。思考だけが心だと勘違いしていれば無理でしょう。

 

心に響かせるように愛とか感謝を言える方は、なかなかいないと思います。妄想でわかったようなことを言う人が多数なのでご注意をm(__)m

 

愛とか感謝って表面で言うのが流行っていますね。目や表情を見て直感でおかしいと思ったら嘘の愛と感謝ですよ。挨拶をするときに、極端に良い表情するのも怪しいですから。そんな上っ面を教える本などが売れています。

 

動きや態度が心の現れだとしたら、言葉で言っている愛や感謝は【嘘】ですなーとm(__)m

 

態度は目や表情に現れやすいかと思います。目や表情を動かすのは筋肉です。脳から筋肉に変な電気信号が流れれば変な目や表情に。詐欺的なセールスをしてくる人はわかりやすいですよ。断ったらすぐに嫌な顔(顔は笑っているけれど…)するのがわかります。ぜひ、一度断ってみると本音が見えますよー(笑)開業してからよく営業が来るので(笑)

 

心身一如から考えると、優しい動きを繰り返していくと優しい心に導かれるかと(^^)乱暴な動きをしていれば乱暴な心に導かれるかと。現代は乱暴な心を育てられているのですね。

 

【競争意識】や【ライバル意識】が乱暴な心を育て乱暴な動きへ。スポーツや勉強を真面目にやっていると乱暴になりやすいかと。相手を蹴落とすように育てられれば乱暴になりますよね。

 

そうではなくて、勉強で得たものを共有すると、さらに良いものが生れると思えないのかなと。良いものを得て共有しなければ、自分が一等で居続けられますね。一等で居続ける為に、生徒が出来ないように教えたりする先生もいるらしいと(笑)超えられたら困るらし、出来たら生徒が通ってくれなくなる。

 

奴隷をつくるなら超えさせない方がいいですけどね。

 

スマナサーラさんの本にライバル意識は破壊だと書いてありました。

 

スポーツで勝っても負けても「お互い良い勝負出来て楽しかった」となればいいのに「悔しい」となる。悔しさで頑張るのもいいですが長続きはしないかと思います。復讐しているのと同じだと思います。スポーツをがっつりやっていたので僕は「相手を倒す」心を育てていました。

 

同じポジションの人がヒットを打つと悔しかったですね(笑)仲間の成功を喜べなかったんです(笑)恥ずかしいm(__)m

 

最近は「うちの子はなんで出られないの」なんて怒る親もいるらしい(笑)競争やライバル意識だと他人の成功を喜べないんです。乱暴な心が育ち自分を壊し、周囲を壊し始める。チーム環境が悪くなって当たり前です。

 

タイガー・ウッズさんのように相手の成功を願いながらスポーツをやれば楽しくなるかと思いますけどね。「良い勝負」をして楽しめたら身体も喜びそうですね(^^)

 

話しは逸れましたが、心身一如であるなら動作を変えてみてはいかがかと(^^)動作が乱暴だと腰痛になったり身体を壊しやすいので、優しい動作をすることで身体にも優しい(^^)

 

心が清らかだと動きに無駄が無くなると言いますが、競争社会の中で、心を変えて優しい動作に導くのは難しいかもしれません。また、身体が緩んでいないので「愛、感謝」と思考しても身体に入っていきません。

 

昔の人は汚い言葉を使っても、そこに「優しさ」があったと思います。スキンドライブ仲間の関西の方々は「ア〇か」とよく言いいますが全然嫌じゃないんです(笑)

 

言葉ではなくて【皮膚】から出すものが大切です(^^)言葉も大事ですが言葉は「ツール」です(^^)

 

緩んだ身体に線があっての【優しい動き】(^^)スキンドライブ基礎セミナーでは状態づくりや手当てなどの施術法とともにこれらが学べます(^^)

 

スキンドライブを使用している施術家さんのお店でも優しい動きは学べます(^^)

 

優しい動きを繰り返していると穏やかになっていきますよ(^^)僕は雪はねも楽になりました(^^)

 

優しい歩き方は、凍った道でも滑りにくいで、北海道向きです(^^)

 

【心】という言葉が独り歩きしないように、【身体】も一緒に連れて行きましょうm(__)m

 

セミナー情報や優しい動きを学べる治療院は、こちらからご覧になれます→スキンドライブ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です