ヨガで失敗

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

僕は何年か前にヨガをやっていました。仕事で怪我も多かったため、身体を柔らくしたかったのです。

 

本を読んだり動画などからポーズを真似させてもらっていました。取り組んでいるうちに脚は180度開き、開脚した状態で胸が床にべったり付く状態まで柔らくなりました。

 

「それで?」って感じだけで趣味の野球や合気道が上手くなったわけでも仕事が楽になったわけでもありません(笑)むしろ慢性的な筋肉痛が太ももの裏側に常にある状態でした。開脚は出来ても身体は硬い状態です(笑)今ではヨガは身体が硬くなると思えますが当時は全く思えませんでした。アスリートがヨガを取り入れていることもあったので疑えなかったのでしょう。

 

ヨガですから腹式呼吸や胸式呼吸もやりました。腹式呼吸を朝から夜までしていると、夕方から呼吸が苦しくなりました。でも、良いものだと思ってずっと続けていました。無理やり呼吸していたら苦しくなるのも当然ですが(笑)

 

また、本を出している有名な武道家さんが札幌でセミナーを行うということで何回か参加しています。その先生もヨガは良いと仰っていたので僕も気合入りましたね(笑)

 

そこで教えていただいたのは「木のポーズ」。片足で立って木のようになるだけです(笑)このポーズのおかで僕は動けない身体になりました(笑)片足で立つことでたしかに軸は整うのですが…

 

腰は反った状態で木になる(笑)合わない人にとっては腰痛の元。自分の腰痛が治らない。

 

足の裏に根を生やし木になる(笑)足が格段に遅くなり動けなくなりました。根っこを生やしているのだから当然動けません。安定はしますけど(笑)

 

木のポーズだけではないのですが、ポーズを取ることで癖になる【反り腰と安定】が厄介でした。

 

丸めるポーズもありますが、ヨガの本で教えている立ち姿勢は胸を張った腰を反らせ気味の姿勢が多かったような。合わない人は腰痛になりますし肩もこるかと。

 

安定が厄介で、ポーズを取るために安定しないといけません。安定するとすぐ動けないのです。走るスポーツをやるなら当然動けた方がいいのですが安定癖がつくとマイナスに働きます。

 

こういうことも知って取り組めば問題なかったかもしれませんし、真面目にやらなければ失敗しなかったとも思います(笑)真面目だと頭が固くなりますね(笑)

 

ヨガの本を読んでいくと瞑想についても書かれています。この瞑想が危ないんですね。スキンドライブを習えば解るのですが、一点集中すると快楽物質を自分で出すんです。わかっている先生に習わないと瞑想は危ないです。詳しくはスキンドライブセミナーを受けてください(^^)

 

瞑想に限らずポーズも「ポーズに集中」しているので同じではないかと思います。

 

ヨガに違和感を感じ、ヨガをやめました。すると動きやすいし、呼吸も詰まらなくなりました(^^)

 

さらにスキンドライブで習ったブレスアライブをすることで呼吸は楽に(^^)

 

食事と同じで頑張ってヨガを真面目に研究し、取り組んでいる人は健康に見えなかったり。特に女性らしさが無くなっているような。痩せているのだけれど筋骨隆々で不自然。ヨガの分厚い本なんかを読むと菜食になっていくなどと書かれていたので、真面目に頑張って取り組んでいると不健康になりやすいというのも今は納得できます。

 

むしろスポーツヨガを楽しんでいる人が健康的に見えたりしますしね(^^)

 

スポーツも同じでプロでもないのに一生懸命取り組んでいる人は老けている。健康のために行なうのなら、遊び程度が良いと思います(^^)

 

健康のために行っているのであればやらない方が良いことがけっこうあります。

 

楽しくてやっているのなら健康になるでしょうし、やった方が良いと思います(^^)

 

僕はヨガをやったりピラティスをやったりしましたけれど、結局何もしない方が楽だし動きやすいという(笑)ヨガやってアトピーも治りませんでしたしね(笑)

 

身体を緩めるためにある程度の体操をした方が良いこともあります。それも気が付いたら行う程度の簡単なもので、1時間も2時間も頑張ってやる必要はありません。

 

楽に生活にするヒントがスキンドライブにはあります。一生ものだし復習参加無料なので何回も勉強出来ますよ(^^)

 

スキンドライブを使った施術も心地良いので、ぜひ(^^)v

 

※ヨガを否定しているわけではなく、自分の失敗を通して書かさせていただきました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です