良い姿勢で苦しむ必要なし

 

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

今、日本で良い姿勢と謳っているのは、この写真のような姿勢だと思われます。民族性を考慮せずに教えている治療家さんやトレーナーさんがいることで苦しんでいる方が多いのでは?

 

41b71bd303580696f24412da4efc3654_s

 

たまに、こういった胸を張る姿勢を教わった方が来てくれます。

 

こういった胸を張る、または腰を反る姿勢を取ってもらい、「辛くないですか?」と聞いたら「辛いです!」と答えます。良い姿勢を強要することで、背中や腰を痛める原因の一つとなります。

 

 

一つの姿勢しか教えないから痛めるのです。この写真はアフリカ系の方なので、極端に腰を反っています。彼らはそれが良い姿勢であるからいいんです。スポーツが得意な姿勢でもありますね。この姿勢はバネがあって跳びやすいし、遠くへ打つ投げるが得意になる♪

 

日本人の多くは、胸を張るのではなく、【開く】 姿勢が合っています(^^)全員ではないですが。

 

なのに、胸を張った姿勢を教えて、壊れる方へ導く。僕も事務職を1年ほど経験してますが、良い姿勢を維持していたことで腰痛、息苦しさ、背中の張りがとれませんでした。

 

朝8時から夜6時まで、良い姿勢でパソコンをしていたら壊れるのは当たり前です。動くなと言っているようなもの。固まれと教えているんですね。

 

ずっと同じ姿勢は有り得ないですよね。常に生まれ変わっている身体なので、止まれない。僕も足を組んだりしてますし(笑)

 

肩をすぼめてしまうと、気持ちがうつっぽくなり落ち込みやすい。胸を張ると、威圧感があって、人から何も言われなくなるかもしれませんが、自分に合わなければ背中が張り、呼吸が苦しくなります。胸を張るのは、相手と「ぶつかる姿勢」。威圧したい方は胸を張ってください(笑)

 

日本人は、着物と正座の文化で「ぶつからない姿勢」になっていきました(^^)この姿勢を取ってもらった方が、楽だと言ってくれます♪日本人が穏やかであると言われていたのは、「ぶつからない姿勢」にあると思います♪

 

胸を張って楽だと言ってくれた高校生の男子には、胸を張る姿勢での動きなどを提案しました♪

 

日本式から西洋化された生活スタイルへ変化してきているので、この高校生のように、若い世代では胸を張っている方が合う方々もいます。

 

厳密には、胸ではなく【骨盤の角度】です。胸を張るから背中が痛くなりやすいのですね。肩の力を抜いて、骨盤だけを動かせば、他の国の方の姿勢でも楽に過ごせますが、緩んでいないと厳しいです。まずは、自分に合った姿勢を知り、そこを指標に緩め、環境に合わせて変化できる身体をつくっていくと楽になります(^^)

 

また、姿勢を維持するには、抗重力筋である姿勢筋に作用するセロトニンという物質が必要。やみくもに姿勢をつくっても疲れるだけです。

 

抗重力筋は表情筋も含まれているので、優しい顔立ちになりたい方はセロトニンを(^^)vアドレナリンやドーパミンばかり出すとどういった表情になるのかな…(笑)

 

スキンドライブでは、こういった提案もしています(^^)緩んでいることでスキンドライブが使いやすくなるからです♪

 

合わない姿勢を行なって痛めた方には、施術とともにこういった説明と緩めていく方法もお伝えしています(^^)

 

自分でセルフスキンドライブが出来ると、整体院に通わなくてもよくなります(笑)

 

治療家いらずの身体をスキンドライブセミナーで(^^)v

 

治療だけではなく、いろいろ使えるので楽しいですよぉ~♪

 

 

 

日常を心地よく

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

日常を心地よく過ごせると、身体が軽やかになるかと♪さらに心も軽やかに明るく♪

 

新井先生のブログに気持ち良いと心地よいの違いを書いてくれています。

 

気持ち良いはドーパミンが出る。ドーパミンは快楽物質で報酬系とも言われ、薬もそのひとつ。薬よりドーパミンが出るのは瞑想だとか。何か一点に集中する瞑想なので、ドーパミンが出ます。座禅を組んで、足の痺れに気が付かず何時間も瞑想できてしまう。気持ち良くなって、足の痛みが感じられないくらいに麻痺しているんですね。

 

怖い…(笑)

 

スポーツで、怪我に気が付かず、試合に出ている状態と言えばわかりやすいかもしれません。

 

ドーパミンに対してセロトニンは心地よい♪ヴィパッサナー瞑想は、観察の瞑想なのでセロトニンが出ます♪ブッダが悟りを開いた時の瞑想です。行うならこっちの方が良いとは思います。本やネットに載っているので調べてみてくださいm(__)m

 

ドーパミンは一点集中型になり、周りが見えなくなります。これが悪いわけではないと思います。

 

野球において、最終回になんとしても塁に出たいなと思い、セーフティーバントをしました♪いい感じに転がったので、夢中で一塁まで走りセーフに♪この時って、正直周りが見えていないんですね(笑)一塁ベースしか見えていない状態。スイッチが入った状態で走っているので、走っている感覚もいつもより速い♪でも、僕は試合中ずっとスイッチを入れられないです(笑)バントにおいて、いいところに転がったので「貰ったー」みたいなスイッチが入っただけです。ドーパミンが出ていたんでしょうね(笑)

 

スイッチを入れようとして打席に立つと、僕の場合はボールに集中し過ぎて打てなくなりますし、守っているときはランナーや味方野手が見えなくなり困ります(笑)

 

チームスポーツは全体が見えないと困るので、柔軟に使い分ければいいかと(^^)v

 

 

「頑張れ」を強要する人がいますが「頑張る」はドーパミンが出やすい。現代は頑張る習慣が定着しているので、一歩引いて上から見るようにしてみるといいかもしれません♪頑張り過ぎている人、入れ込んでいる人は周りが見えていないと思います。

 

「頑張れ」「集中しろ」と言うのは、【周りが見えなくてもいいよ】と言っている(笑)それで失敗すると、「周りをよく見ろ」と言う(笑)前職場では、こんな言葉が飛び交っていました。一体どっちなんだと疑問に感じていましたが…。

 

 

スキンドライブでは、全体集中型のセロトニンを出す提案をしています(^^)

 

 

セロトニンは、静かな周りを見渡せる集中力、姿勢筋に作用し、痛みを抑える効果もあります(^^)出し方はいろいろあると思いますが、実感が湧かないと思います。なので、ワークを通して体験してもらっています(^^)

 

ドーパミンが悪いわけではないですが、ドーパミンを出して「ハイ」になる状態をつくり過ぎているのではないかと思います。登山をして、頂上で気持ち良いって感じていたのは、快楽を得ていたんだなーとわかりました(笑)今年は、店の裏の河川敷によく行っていましたが、心地いいんです♪河川敷を散歩しても達成感がないんで(笑)登山は達成感がある。

 

達成感があるのもドーパミンが出ているかもしれません。

 

苦行の末に得るものは、ドーパミンを出して快楽を得ているのかも。マラソンを走り切った後の爽快感とか、ランナーズハイなども。

 

登山やマラソンを否定しているわけではありませんのでm(__)m登山は好きですし♪

 

怒りも似たようなものです。だから、怒ると身体が壊れるんですね。

 

それよりも、穏やかでいれば、人の失敗もさほど気にならないです(^^)むしろ笑いにするくらいで♪

 

怒りが湧いてきたなーと観察出来るようになれば、感情が爆発することもなくなるでしょう(^^)

 

一点に集中する場合でも、一点は全体の中の一点ですね。やはり、全体を見れるようにしたいものです♪

 

スキンドライブは、治療法だけではなく、こういった周りを見渡せる心地よい状態をつくる提案もしています(^^)

 

治療技術だけではないんですね♪24時間使えるので、いつでもどこでも問題なし(^^)

 

セミナー情報はスキンドライブ

 

施術もよろしくお願いします(^^)v

 

 

心って言うけれど身体も大事

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

ネットや本を読んいると物質の時代から心の時代へと言われているのが目立ちます。「ん?」ってなります(笑)

 

心はいつの時代も存在してきているのでは?物質はいつの時代も存在しているのでは?ずーっと心と物質があるんでしょうね(笑)

 

いつの時代も心と物質があるのだから、【心の時代は毎回】ですねと思うわけです。そんなことを考えている暇があるなら優しい心を優しい動きから導くのはどうですか?

 

心のことばかり言う人がいますが、態度や動きが優しくなければ、心も優しくない。

 

そこで【優しい動き】を提案(^^)

 

【心】を追及している人はどこかおかしくなっている傾向に(笑)身体をないがしろにしている。そういった方々に限って「心身一如」と言いながら乱暴な動きをしているんですね。心だ、気持ちだ、ソウルだと言いながら乱暴です。

 

心って五感と意(思考)であり、五感や意は身体という物質があるから存在しているので、心と身体は切り離せないですよね。心は身体という物質をないがしろに出来ない関係にあります。

 

ですから動きが乱暴で粗悪なら心も乱暴で粗悪となるわけです。

 

愛とか感謝と言っている人も怪しい(笑)感謝言葉のありがとうを何回言っても心に響かなくてアトピーは悪化しましたよ(笑)感謝の言葉だけで病気が治るなら誰も苦労しない。思考だけが心だと勘違いしていれば無理でしょう。

 

心に響かせるように愛とか感謝を言える方は、なかなかいないと思います。妄想でわかったようなことを言う人が多数なのでご注意をm(__)m

 

愛とか感謝って表面で言うのが流行っていますね。目や表情を見て直感でおかしいと思ったら嘘の愛と感謝ですよ。挨拶をするときに、極端に良い表情するのも怪しいですから。そんな上っ面を教える本などが売れています。

 

動きや態度が心の現れだとしたら、言葉で言っている愛や感謝は【嘘】ですなーとm(__)m

 

態度は目や表情に現れやすいかと思います。目や表情を動かすのは筋肉です。脳から筋肉に変な電気信号が流れれば変な目や表情に。詐欺的なセールスをしてくる人はわかりやすいですよ。断ったらすぐに嫌な顔(顔は笑っているけれど…)するのがわかります。ぜひ、一度断ってみると本音が見えますよー(笑)開業してからよく営業が来るので(笑)

 

心身一如から考えると、優しい動きを繰り返していくと優しい心に導かれるかと(^^)乱暴な動きをしていれば乱暴な心に導かれるかと。現代は乱暴な心を育てられているのですね。

 

【競争意識】や【ライバル意識】が乱暴な心を育て乱暴な動きへ。スポーツや勉強を真面目にやっていると乱暴になりやすいかと。相手を蹴落とすように育てられれば乱暴になりますよね。

 

そうではなくて、勉強で得たものを共有すると、さらに良いものが生れると思えないのかなと。良いものを得て共有しなければ、自分が一等で居続けられますね。一等で居続ける為に、生徒が出来ないように教えたりする先生もいるらしいと(笑)超えられたら困るらし、出来たら生徒が通ってくれなくなる。

 

奴隷をつくるなら超えさせない方がいいですけどね。

 

スマナサーラさんの本にライバル意識は破壊だと書いてありました。

 

スポーツで勝っても負けても「お互い良い勝負出来て楽しかった」となればいいのに「悔しい」となる。悔しさで頑張るのもいいですが長続きはしないかと思います。復讐しているのと同じだと思います。スポーツをがっつりやっていたので僕は「相手を倒す」心を育てていました。

 

同じポジションの人がヒットを打つと悔しかったですね(笑)仲間の成功を喜べなかったんです(笑)恥ずかしいm(__)m

 

最近は「うちの子はなんで出られないの」なんて怒る親もいるらしい(笑)競争やライバル意識だと他人の成功を喜べないんです。乱暴な心が育ち自分を壊し、周囲を壊し始める。チーム環境が悪くなって当たり前です。

 

タイガー・ウッズさんのように相手の成功を願いながらスポーツをやれば楽しくなるかと思いますけどね。「良い勝負」をして楽しめたら身体も喜びそうですね(^^)

 

話しは逸れましたが、心身一如であるなら動作を変えてみてはいかがかと(^^)動作が乱暴だと腰痛になったり身体を壊しやすいので、優しい動作をすることで身体にも優しい(^^)

 

心が清らかだと動きに無駄が無くなると言いますが、競争社会の中で、心を変えて優しい動作に導くのは難しいかもしれません。また、身体が緩んでいないので「愛、感謝」と思考しても身体に入っていきません。

 

昔の人は汚い言葉を使っても、そこに「優しさ」があったと思います。スキンドライブ仲間の関西の方々は「ア〇か」とよく言いいますが全然嫌じゃないんです(笑)

 

言葉ではなくて【皮膚】から出すものが大切です(^^)言葉も大事ですが言葉は「ツール」です(^^)

 

緩んだ身体に線があっての【優しい動き】(^^)スキンドライブ基礎セミナーでは状態づくりや手当てなどの施術法とともにこれらが学べます(^^)

 

スキンドライブを使用している施術家さんのお店でも優しい動きは学べます(^^)

 

優しい動きを繰り返していると穏やかになっていきますよ(^^)僕は雪はねも楽になりました(^^)

 

優しい歩き方は、凍った道でも滑りにくいで、北海道向きです(^^)

 

【心】という言葉が独り歩きしないように、【身体】も一緒に連れて行きましょうm(__)m

 

セミナー情報や優しい動きを学べる治療院は、こちらからご覧になれます→スキンドライブ

 

 

ヨガで失敗

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

僕は何年か前にヨガをやっていました。仕事で怪我も多かったため、身体を柔らくしたかったのです。

 

本を読んだり動画などからポーズを真似させてもらっていました。取り組んでいるうちに脚は180度開き、開脚した状態で胸が床にべったり付く状態まで柔らくなりました。

 

「それで?」って感じだけで趣味の野球や合気道が上手くなったわけでも仕事が楽になったわけでもありません(笑)むしろ慢性的な筋肉痛が太ももの裏側に常にある状態でした。開脚は出来ても身体は硬い状態です(笑)今ではヨガは身体が硬くなると思えますが当時は全く思えませんでした。アスリートがヨガを取り入れていることもあったので疑えなかったのでしょう。

 

ヨガですから腹式呼吸や胸式呼吸もやりました。腹式呼吸を朝から夜までしていると、夕方から呼吸が苦しくなりました。でも、良いものだと思ってずっと続けていました。無理やり呼吸していたら苦しくなるのも当然ですが(笑)

 

また、本を出している有名な武道家さんが札幌でセミナーを行うということで何回か参加しています。その先生もヨガは良いと仰っていたので僕も気合入りましたね(笑)

 

そこで教えていただいたのは「木のポーズ」。片足で立って木のようになるだけです(笑)このポーズのおかで僕は動けない身体になりました(笑)片足で立つことでたしかに軸は整うのですが…

 

腰は反った状態で木になる(笑)合わない人にとっては腰痛の元。自分の腰痛が治らない。

 

足の裏に根を生やし木になる(笑)足が格段に遅くなり動けなくなりました。根っこを生やしているのだから当然動けません。安定はしますけど(笑)

 

木のポーズだけではないのですが、ポーズを取ることで癖になる【反り腰と安定】が厄介でした。

 

丸めるポーズもありますが、ヨガの本で教えている立ち姿勢は胸を張った腰を反らせ気味の姿勢が多かったような。合わない人は腰痛になりますし肩もこるかと。

 

安定が厄介で、ポーズを取るために安定しないといけません。安定するとすぐ動けないのです。走るスポーツをやるなら当然動けた方がいいのですが安定癖がつくとマイナスに働きます。

 

こういうことも知って取り組めば問題なかったかもしれませんし、真面目にやらなければ失敗しなかったとも思います(笑)真面目だと頭が固くなりますね(笑)

 

ヨガの本を読んでいくと瞑想についても書かれています。この瞑想が危ないんですね。スキンドライブを習えば解るのですが、一点集中すると快楽物質を自分で出すんです。わかっている先生に習わないと瞑想は危ないです。詳しくはスキンドライブセミナーを受けてください(^^)

 

瞑想に限らずポーズも「ポーズに集中」しているので同じではないかと思います。

 

ヨガに違和感を感じ、ヨガをやめました。すると動きやすいし、呼吸も詰まらなくなりました(^^)

 

さらにスキンドライブで習ったブレスアライブをすることで呼吸は楽に(^^)

 

食事と同じで頑張ってヨガを真面目に研究し、取り組んでいる人は健康に見えなかったり。特に女性らしさが無くなっているような。痩せているのだけれど筋骨隆々で不自然。ヨガの分厚い本なんかを読むと菜食になっていくなどと書かれていたので、真面目に頑張って取り組んでいると不健康になりやすいというのも今は納得できます。

 

むしろスポーツヨガを楽しんでいる人が健康的に見えたりしますしね(^^)

 

スポーツも同じでプロでもないのに一生懸命取り組んでいる人は老けている。健康のために行なうのなら、遊び程度が良いと思います(^^)

 

健康のために行っているのであればやらない方が良いことがけっこうあります。

 

楽しくてやっているのなら健康になるでしょうし、やった方が良いと思います(^^)

 

僕はヨガをやったりピラティスをやったりしましたけれど、結局何もしない方が楽だし動きやすいという(笑)ヨガやってアトピーも治りませんでしたしね(笑)

 

身体を緩めるためにある程度の体操をした方が良いこともあります。それも気が付いたら行う程度の簡単なもので、1時間も2時間も頑張ってやる必要はありません。

 

楽に生活にするヒントがスキンドライブにはあります。一生ものだし復習参加無料なので何回も勉強出来ますよ(^^)

 

スキンドライブを使った施術も心地良いので、ぜひ(^^)v

 

※ヨガを否定しているわけではなく、自分の失敗を通して書かさせていただきました。

 

雪はね

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

雪はねをしていて今年は楽だと感じました(^^)

 

なぜかというと日本人の姿勢と他の国の方の姿勢を使い分けていたからです(^^)

 

スキンドライブ基礎セミナーでは日本人の姿勢と他の国の方の姿勢を学ぶことが出来ます。

 

日本人の姿勢は身体が【繋がる】のです(^^)他の国の方の姿勢は【しなり】が働いて槍投げなどのスポーツ動作に有利です。

 

しなりを効かせるとスコップに乗せた雪を遠くへ投げることが出来ます。しかし、僕は肩、腰への負担を感じました。日本人の姿勢で雪を投げるとある場所がロックされるので腰への負担はありませんでした(^^)肩も疲れない(^^)僕は日本人の姿勢が合っています(^^)だって日本人だから(笑)

 

まだ見たことないですが、稀に日本人離れした他の国の姿勢が合う方がいるそうです(^^)

 

北海道の人は雪はねが億劫だと言いますが、僕にとっては良い動きの方法を探すチャンスとなります(^^)雪はねをすることによってスポーツジムで筋トレする必要もありません(笑)雪はねのためや日常の体力をつけるためにスポーツジムへ通う人がいますが日常での過ごし方を変えれば通う必要もありません(笑)雪はねも体力を養うそのひとつ(^^)雪はねの体力は雪はねで養った方がコツを掴めると思いますが、どうも筋トレすればいいと思っている方が多いと感じています(笑)

 

筋トレは筋肉を破壊して回復させることで筋肉を大きくしていきます。それを雪はねに応用すると、雪が降るたびに筋肉を破壊してしまいます。身体を大きくしたい方はそれでいいですが、楽に作業したい人に辛いことをわざわざ行っているのです。

 

トレーニングを批判しているわけではないので、トレーニングが好きな方は鍛えればいいかと思います(^^)好きなことを行なうことで身体は喜ぶので(^^)

 

姿勢の話しに戻すと、【民族性】があります。今の時代は西洋化されて進化か退化かわかりませんが、日本人はどっちつかずの中途半端な状態にあります。

 

あるワークをすることによって自分が日本人の姿勢か他の国の方の姿勢かを認識することが出来ます(^^)それを認識出来るのがスキンドライブ基礎セミナー(^^)

 

そこに優しい動きを学んだことで腕が疲れない雪はねが出来ました(^^)スノーダンプで雪を運ぶ時も日本人の姿勢はとても楽です(^^)

 

人力車を引く昔の人の姿勢を見れば解ると思います。ですが、スキンドライブを習っていないと解らない(笑)解った気になるのは怖いですよ(笑)妄想ですからね(笑)

 

話しを戻して、雪はねの体力がないのではなくて、合わない姿勢や力の出し方が間違っていれば疲れやすいです。昔の人は雪かきを「辛い」と言っていたかは疑問です(笑)辛いなんていちいち言っていたらアイヌの人は雪に埋もれていたかと(笑)屯田兵も雪の餌食に(笑)むしろ今より整備されていない環境で過ごされ生き延びているから僕たちがいる(^^)ちょっと雪降ったくらいで文句を言う僕たちはどれだけ弱くなってしまったのか(笑)

 

雪は降るもんだ、積もるもんだ、多い年もあれば少ない年もある(^^)

 

天気が良いと気分を上げる(笑)天気が悪いと文句を言う(笑)部活が辛いと雨降れと(笑)スキーヤー、スノーボーダーは雪降れと(笑)どんだけ我儘かと(笑)

 

状況に合わせる身体を持った方が楽しい(^^)マウンドの状況に合わせたピッチングフォームを瞬時に生み出せる身体になりたいものだ(^^)状況に合わせればどんな状況にも対応できるかと(^^)

 

日本人の姿勢が合っているのか、他の国の姿勢が合っているのかを知って実践するだけで日常が楽になります(^^)

 

さらに正中線を知りスコップの扱う位置を知ればもっと楽に雪はねが(^^)

 

正中線に収める(^^)と言っても解らないと思うのでぜひセミナーを(^^)

 

自分状態づくりとともに日本人の姿勢などを知りたい方はスキンドライブ基礎セミナーを(^^)状況に合わせ変化するする方法を知りたい方は応用セミナーを(^^)北海道から海を渡って受ける価値があると思います(^^)海を渡りたくない方はしばしお待ちをm(__)m

 

または旭川整体SMILEで施術を(^^)お気軽にお問い合わせください(^^)

 

 

自律神経失調症

自律神経失調症は、自律神経が乱れバランスが崩れることで不定愁訴として現れた症状のことを言います。

 

自律神経は、自分の意志とは関係なく身体の機能をコントロールしている神経で交感神経と副交感神経に分かれています。

 

交感神経は、活動、緊張、ストレスを感じているときに働く神経です。主に働いているときなどの活動しているときに交換神経が働き、筋肉は収縮、心拍数が増え、血管は細く収縮しています。活動モードに働くのが交感神経です。

 

副交感神経は、休息、睡眠、リラックスしているときに働く神経です。心拍数は落ち着き、筋肉は弛緩、血管は広がります。胃や腸も働き消化活動が盛んになります。食後に眠くなるのは消化活動で胃や腸が働き脳が休息しているからです。

 

マッサージを受けてリラックスしているときも副交感神経が優位になり、疲労回復、新陳代謝、怪我の回復に効果を発揮します。整体などを受けて疲労回復する理由はリラックスし副交感神経が優位になることで回復モードに入るためです。

 

一般的には交感神経が優位になり、肩こり、腰痛、頭痛、めまいなどの不定愁訴を発症すると言われています。しかし、副交感神経が優位になってもアトピーなどの皮膚炎を発症するとも言われています。

 

どちらかが優位であればいいということではなくバランスが大切なのです。整体業界では副交感神経を優位にすると良いと謳っています。それは現代社会の流れがストレスを受けやすいため交感神経が優位に働いているためです。

 

身体を緩めていくことでストレスを受けにくい身体になっていきます。ストレスを受けにくい状態は交感神経も副交感神経もバランスの取れた状態です。

 

バランスの取れた身体づくりをサポート致します(^^)

 

当整体では、お客様の状態に合わせ施術します。自律神経でお悩みの方は旭川整体SMILEをお試しくださいm(__)m

 

スポーツ整体

旭川でスポーツ整体を受けたい方は「整体SMILE」をお試しください。

 

僕自身も野球を小学生から始めてスポーツに親しんできました。しかし、怪我の繰り返しで思うような結果を出せずにいました。整体を受けるという発想がありませんでした。スポーツを行なうのならコンディショニングが大事だと自身の怪我を経験し気付かせていただきました。

 

怪我をすることのひとつに疲労の蓄積があります。スポーツは筋肉を酷使し疲労を溜め込んでしまいます。スポーツ整体を受け疲労回復に努めることで怪我の予防に繋がります。

 

スピードやパワーを部分の力に頼ると身体を壊します。昨今のトレーニングは部分トレーニングが主になっています。インナーマッスルが大事と鍛えてもインナーマッスルも部分なのです。

 

全体を調和させ動くことが軽やかな動きと言えますが、現在の練習やトレーニングは逆を行っているように感じます。

 

たとえ全体を調和させたとしてもスポーツはスピードのある動作が求められるので疲労の蓄積はやむを得ないと思われます。

 

世界のトップアスリートでも練習後はマッサージなどを受けているものです。イチロー選手は毎日、お父さんが足を揉んでいました。浅田真央選手も子供の頃から整体を定期的に受けています

 

スポーツを行なうのなら、マッサージなどを受け疲労を回復させながら練習していくことも大事であります。

 

身体を解すことで柔らかくしなやかな動きが出来るように変化します。

 

野生動物がしなやかなように、人間も動物であると考えられるのなら【しなやかな動き】が本来の動きではないでしょうか。

 

しなやかな動きは怪我のリスクを防ぎます。スポーツ整体をすることで【しなやか】になり、スポーツ障害の予防と技術の向上、疲労回復の効果があります。

 

整体SMILEのスポーツ整体をお試しくださいm(__)m

 

自然派と言う前に

北海道旭川市 「整体SMILE」 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

自然派は不自然派をつくるから争うんですね(笑)

 

こちらの大畑先生のブログ人は食べたモノだけで出来ているワケではありません。を読めば大体わかると思います(^^)

 

僕はアトピーで一度、マクロビオティックもどきをやりました。それでアトピーは一時的に良くなりました。その後、悪化して手の甲が魚の鱗のように(笑)乾癬という症状ですかね(笑)それからが大変で(笑)

 

とうのもマクロビや自然食品などを勉強すると、添加物が悪い、化学物質が悪い、化学繊維が悪い、と悪いものづくめで世間を敵に回しかねないのです。世間を敵にするとストレスが重くのしかかります。

 

あれもダメ、これもダメと自分を追い込み悪化していたのでしょうね(笑)

 

病気の大半はストレスだとも言われているのに、わざわざストレスを受けて良いもの食べても意味がないのでは?(笑)

 

スキンドライブを習ってからアトピーが少しづつ融解していきました(^^)手はすっかり綺麗です(^^)

 

自然派という人たちがいます。化学物質などを敵とする人達です。化学物質も自然の物から出来ているでのではと思いますが(笑)

 

自然派という派閥が出来れば不自然派をつくり攻撃します(笑)そんな攻撃的な食事療法家に習えば攻撃的な生徒さんが育つかと(笑)そして自然派という村が出来て、自然派村で世の中おかしいと語り合うのでは(笑)

 

敵をたくさんつくってどこが楽しいのですかね(笑)

 

僕も自然派もどきまでなりました。「苦しい」だけでした(笑)悪をつくるから正義ができる。戦争なんてそんなものかと思いますが、自然派とそうじゃない人をつくって戦争しているだけかと。

 

もちろん添加物をたくさん取っても大丈夫だと言っているわけではありません。食事療法で病気を治している人がいるので。ただもっと大事なところがあると思うんです(^^)

 

自然派でも不自然派でもいいんですが、楽しんでやっている人は健康的だと(^^)敵を作りながらマクロビをやっている人は肌が茶色だったり、いつも怒っていたり。

 

やり過ぎは良くない。

 

食品に関しても大畑先生のブログにあったようにセブンイレブンが衛生面で優れているらしいです。衛生面に気を遣ってないところは大腸菌が…(笑)って考えだせばキリがないです(笑)

 

表裏一体があるように、無農薬野菜にだって毒はあります。山菜などのように自然の厳しい環境で育ったものなら毒も強いのでは。

 

大事なのは良いものを取り入れ悪いものを排泄する身体ではないでしょうか(^^)

 

スキンドライブの新井先生はブログで食べ物が輝く( ̄▽ ̄)と言っています(^^)

 

アルボムッレ・スマナサーラさんの本には「明るいこころでいれば、食べ物も楽に吸収して、栄養になるということです。少々悪いものを摂取しても、それは吸収しないということです。」と書かれています。

 

食べ物の前に【自分の状態】が大事なのです(^^)自分の状態をつくって好きな食事をすると楽しいかと(^^)v

 

そんな状態づくりを学べるセミナーがスキンドライブ

 

 

施術もお待ちしております(^^)

 

 

 

優しさを学べるセミナー

北海道旭川市 整体SMILE 小野です(^^)

 

ブログを読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

 

1日から4日まで東京へ行きスキンドライブインストセミナーと基礎セミナーに参加してきました。

 

 

1日16時50分に新井魔王と合流し江の島へ。海がキレイ、夕日がキレイ、空がキレイ、風が心地良いと。いや、着いたのは18時半くらい。真っ暗、海が見えない、風もそんなに吹いていないという人生初の江の島観光をして参りましたm(__)mといってもウィンドキャッチャーを買ってきましたので、お店で…。いや冬に窓開けたら寒い(笑)

 

ということでウィンドキャッチャーは来年の夏までお待ちくださいm(__)m(笑)

 

さらに江の島でどこでも食べられそうなハンバーガーとパンケーキをガツンと食って具合悪くなるというスタートを切りました(笑)江の島が島だったのかも不明(笑)

 

 

本題に入りますm(__)m

 

スキンドライブインストセミナー受講と宮城県松島町の清野先生が行う基礎セミナーを復習orインストのお勉強ということで受けて参りました。

 

 

自分にとって3月から久しぶりの基礎であります。遠い北海道から行くとなると応用セミナー復習参加を重視していましたが基礎も大事と発見(^^)優しい動きがプラスされて盛りだくさん(^^)

 

基礎では【施術者の状態】を学びます。数多くある治療法で結果が出るのはなぜか?良いといわれる同じ手技でも術者によって結果が違うのはなぜか?

 

身体の使い方(施術を力いっぱ行うのか、優しい使い方で行うのか)もあると思いますが、もっと幹というか根っこになるのが【術者の状態】であります。

 

自分は治療家として1年も満たない者でありますので、どちらかというと一般目線の意見であります(^^)知識は大事だけど【知識は無知】になるということをスキンドライブが教えてくれましたm(__)m知識で言ってくる人には注意が必要(笑)

 

自分は経験が浅い治療家だから術者を【人】に置き換えて考えられたのかも(^^)術者が料理人、教師、親、上司、部下、販売員、おじさん、おばさんと誰にでも置き換えられます。

 

職場にイライラした状態の悪い人がいると嫌ですよね(笑)職場を家庭、部活、学校、サークルと置き換えれば自分の環境に当てはめやすいかと思います。

 

そのイライラが与える影響は人を壊す。壊すと言っても物理的ではないですが、極限の環境にいればうつになる人も。うつになった本人も弱いかもしれませんが、なった環境も良くなかったり。職場ではあいつが弱い存在だったと正当化する上司もいたりしますね(笑)そんな上司の下で働くのもどうかと思いますが(笑)

 

そんな環境で人が出す【情報】があることを科学的根拠と新井先生による仮設で理解が出来ます。

 

仮説も法則や理論を基に言っているので解りやすいです(^^)

 

悪い状態もあれば【良い状態】もあります(^^)それは何かということが学べます(^^)これらを認識すると昔ながらの手当てや気功みたいなことが出来るようになります(^^)

 

 

【人の状態】を知り、状態を調整するための方法と皮膚の機能を中心に学びます(^^)

 

 

「治療家以外の人がどうやって使うの?」という質問をワーク中に受けました(^^)

 

保育士なら子供を抱っこする時に、看護なら脈を触診する時にスキンドライブ、料理人なら食べものに、ママさんなら子供と触れ合うときにスキンドライブ、と応用効かせばどこでも(笑)

 

だから【心と身体のコンセプト】、誰でもオッケー( ̄▽ ̄)

 

自分はアトピーで苦しんだけど、やっぱりショーモナイ(笑)玄米採食なんかやって状態が悪くなりました(笑)最初は良くなったけれど、作るたびに、食の裏側知るたびに苦しいんです(笑)だから皮膚が破壊されたと(笑)皮膚が荒れたこともわかるセミナーです(笑)これは大阪の大畑先生に出会ったおかげでもありますm(__)m

 

台所を楽しくしているお母さんの料理は旨い(^^)これは【お母さんの状態】であります(^^)こういう環境をつくれば相手の身体を喜ばせやすいと思います(^^)

 

といった【状態づくり】を学べるのが基礎セミナー(^^)ですから一般の人もぜひと思います(^^)治療家も一般だから一般のくくりがわからないですが(笑)だから気にすることなしでございますm(__)m

 

 

さらに優しい動きをワークで行います(^^)優しい動きは心も優しく導いくれます。自分も人間だから「うっ」てなるときありますが、優しいを繰り返すとイライラしている自分に気が付きやすいかと(^^)v気が付いた時に修正しやすいですね(^^)

 

 

そこにスキンドライブを乗せるとより効果が(^^)

 

 

優しい動きを習った方は、ドアを開ける、歩く、コップを持つと日常で練習をすると人対人でやらなくても練習できます(^^)人でやると負かしたい気になりますから、むしろ自分の場合は効果減(笑)日常でやる方が気楽です(^^)v復習参加したときに人に試してみるのもいいかもしれません(^^)

 

 

負かしたい気を消すセミナーは応用で(^^)

 

 

セミナー情報はスキンドライブからm(__)m北海道ではもう少しお待ちください(^^)v

 

 

そんな優しい施術を受けたい方は旭川の整体SMILEを(^^)

本日から4日まで東京に行っています

整体SMILE 小野です。ブログを読んでいただきありがとうございます(^^)

 

 

今日から4日まで東京に行ってきます。スキンドライブの復習とインストラクターの勉強です。

 

 

お店の電話は出られませんが、お問い合わせはメールでもLINE@でもメッセージでも対応できます。

 

 

7日から通常営業をしていますので、よろしくお願い致しますm(__)m