肩こり、腰痛、頭痛などの不定愁訴

ブログを読んでいただきありがとうございます(^^)

 

 

肩こりや腰痛を抱え、どこへ行っても良くならないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

また、不定愁訴と言われ、頭痛、疲労感、イライラ、緊張、めまい、生理痛、冷え症、不眠症など挙げればキリがない症状に悩まされている方もたくさんいるか思います。

 

 

施術を受ければ、かなり軽減されるか、症状を抱えていたことすら覚えていないような状態になる方もいます(^^)

 

続きを読む

自律神経失調症

自律神経失調症は、自律神経が乱れバランスが崩れることで不定愁訴として現れた症状のことを言います。

 

自律神経は、自分の意志とは関係なく身体の機能をコントロールしている神経で交感神経と副交感神経に分かれています。

 

交感神経は、活動、緊張、ストレスを感じているときに働く神経です。主に働いているときなどの活動しているときに交換神経が働き、筋肉は収縮、心拍数が増え、血管は細く収縮しています。活動モードに働くのが交感神経です。

 

副交感神経は、休息、睡眠、リラックスしているときに働く神経です。心拍数は落ち着き、筋肉は弛緩、血管は広がります。胃や腸も働き消化活動が盛んになります。食後に眠くなるのは消化活動で胃や腸が働き脳が休息しているからです。

 

マッサージを受けてリラックスしているときも副交感神経が優位になり、疲労回復、新陳代謝、怪我の回復に効果を発揮します。整体などを受けて疲労回復する理由はリラックスし副交感神経が優位になることで回復モードに入るためです。

 

一般的には交感神経が優位になり、肩こり、腰痛、頭痛、めまいなどの不定愁訴を発症すると言われています。しかし、副交感神経が優位になってもアトピーなどの皮膚炎を発症するとも言われています。

 

どちらかが優位であればいいということではなくバランスが大切なのです。整体業界では副交感神経を優位にすると良いと謳っています。それは現代社会の流れがストレスを受けやすいため交感神経が優位に働いているためです。

 

身体を緩めていくことでストレスを受けにくい身体になっていきます。ストレスを受けにくい状態は交感神経も副交感神経もバランスの取れた状態です。

 

バランスの取れた身体づくりをサポート致します(^^)

 

当整体では、お客様の状態に合わせ施術します。自律神経でお悩みの方は旭川整体SMILEをお試しくださいm(__)m