旭川でスポーツ障害にお悩みの方は整体SMILEのスポーツ整体を

旭川でスポーツ障害でお悩みの方へ


 

スポーツ障害をなかなか克服できないという方は多いのではないでしょうか。

同じ障害がなかなか改善されない場合や次から次へと怪我をしてしまうスポーツ選手も多いと思います。

怪我が続き本来のパフォーマンスを発揮できないと、負のスパイラルに陥ってしまう場合があります。

スポーツ障害やスポーツ外傷の防止のために日頃のケアはとても大切なことです。

また、プロスポーツ選手を目指す場合も整体などを定期的に受け、身体を柔らかく保つ必要があります。

 

スポーツ障害の予防やプロアスリートのような動作をするためにも柔軟な身体は必要不可欠です。

スポーツ障害とパフォーマンス低下


スポーツ障害になるにはいくつかの要因があります。共通している点は身体が固いことです。

身体が固いのは「力んだ動作の繰り返し」にあります。超一流と称されるアスリートの動きは、とても柔らかく力感がありません。一方でアマチュアになるほど力感が伴った動作になっていきます。

若い頃は動けたけれど、歳を取って動けなくなるのは、「力に頼った動き」を繰り返してきたからです。力に頼った動きとは、部分の筋肉を過剰に使う動きです。

そういった力感が伴う動作を繰り返すと部分疲労が蓄積されます。その結果、慢性的なスポーツ障害になりやすくなります。

もうひとつは、オーバーワークです。練習量が多く身体がついていかない場合に疲労が蓄積してスポーツ障害になります。特に成長期におけるオーバーワークは注意が必要です。未発達の身体にムチ打つことを繰り返すと、将来性を失う可能性もあります。親や指導者は、選手の状態を観察して練習量と強度に気を付けなければいけません。練習量が多い上に力感が伴う動作を続けると一層スポーツ障害になりやすくなります。同じ練習量でもスポーツ障害になる選手とならない選手がいるのは、練習の取り組み方の違いもあります。

どちらにせよ、身体の固さを取り除き、柔軟性に富んだフィジカルの育成が不可欠です。

 

スポーツ障害を改善するには身体を柔らかくして動作を改善すること


スポーツ障害を改善するには、固くなった身体を柔らかくして力感がない動作を身に付けていくことです。

 

スポーツ整体で柔軟性を上げる


固くなった身体を緩めるにはスポーツ整体が有効です。当院のスポーツ整体は、選手の自然治癒力を高めるために行ないます。保険が使用できる整骨院のように電気をあてて、10分程度のマッサージをするものではありません。

選手の身体の柔軟性を高めるために全身を緩める施術をします。全身を緩めることで、使い過ぎてスポーツ障害になった部分も柔らかくなっていきます。

身体が柔らかくなると競技のパフォーマンスもおのずと上がっていきます。

当院の施術では、身体の緊張を取り除いていくので受けるごとに柔らかい身体の使い方を覚えていくことが可能です。

スポーツ障害の克服とプロスポーツ選手のような柔らかい身体づくりをサポートしています。

 

スポーツ催眠でメンタルのリラクゼーションと本番に強い精神を育成


力感が伴う動作や緊張してしまう、または過剰にやる気が出て興奮してしまうのは思考のコントロールが不十分なために起こります。

思考と身体は繋がっているので、過剰なやる気があると身体に力が入ります。本番に恐怖を感じてしまうと緊張し動けなくなります。メンタル面の弱さが身体に悪影響を及ぼすのです。

そこで、当院ではメンタルトレーニングの源流である催眠療法をスポーツ選手に取り入れています。

こちらから導く暗示と自分で簡単にできるメンタルトレーニングを提案し、メンタル強化を図っています。

身体面を施術で柔らかくし、精神面をスポーツ催眠で強化しています。フィジカルとメンタルの両方を柔らかく変えることで、一流プロアスリートのような柔軟でありながら強い選手を目指してもらっています。

プロを目指していなくてもスポーツが好きなのに楽しめない選手などにスポーツ催眠はとても有効です。

 

プロを目指しプロの動きを手に入れるにはケアをすること


恥ずかしながら私もプロ野球選手を夢見ていました。しかし、現実を観るとプロアスリートとは程遠い動作をしていました。練習をすればするほど上手くなると思っていましたがそうではありませんでした。

私自身、多くのスポーツ障害を抱えていました。スポーツ障害になるのは、力感が伴う固い動きであったためです。怪我が多いというのはダメな動作をしているのですが、一般的に考えられている改善方法は怪我した部分を鍛えることです。

しかし、部分を鍛えることはセンスや身体技術の低下を招く恐れがあるのでおすすめしません。鍛える発想が筋力トレーニングに順じたものばかりです。力を入れる方法で鍛えるのです。

力みが原因で怪我をする場合が多いですから、鍛えて強くする方法は新たな緊張と歪みをつくります。それよりも身体全体のバランスを整えていくことで、力み、緊張を取っていくことがスポーツ障害だけではなく上達するためにも必要なのです。

固く部分の力に頼った動作とは逆である「力みのない流れるような動作」を磨き続ければプロアスリートのようなパフォーマンスを発揮できるようになっていきます。

できるだけ早い時期から、力みを否定した動きを磨き上げることがプロへの近道です。中学、高校生になったからと諦める必要もありません。

気が付いたときから、世間一般的に指導されている力んだ動作を止め、身体技術を磨いていけばスポーツは上達します。

しかし、問題は練習量です。部活や団体での練習量が多いとどうしても疲労が蓄積します。プロスポーツ選手やプロのようになるには、それらの疲労を溜め込まないことが必要不可欠です。

疲労を取り、柔軟な身体を維持させ、フィジカル面を強化していくには整体のよるケアが有効です。また、プロスポーツ選手になる方々は、学生の頃からプロの施術か親自身が施術を勉強し行っていることが多いのです。スポーツをプロレベルに引き上げるには、整体で身体を柔らかく保つのも大切なことなのです。

当院はスポーツ選手のサポートをしています。

プロ、アマ問わずスポーツを楽しみたい方は、当院の施術をお試しください。

 

施術の予約とお問い合わせ→お問い合わせ