学校の「気をつけ」「休め」「右へならえ」は軍隊からきている

旭川整体SMILEのブログを読んでいただきありがとうございます(^^)

 

学校の「起立」「礼」「着席」「気をつけ」「休め」「右へならえ」や「行進」などは軍隊からきているようです。

日本で軍隊が設立されたのは明治4年頃だとか。その模範はヨーロッパの軍隊だそうです。

 

明治から昭和にかけ戦争が激化した時代でもあり、軍人の養成が急がれています。徴兵をスムーズに行うために学校教育にも軍隊式の礼式が取り込まれたのではないかと思います。

 

この軍隊式の礼式が身体を壊し、日本人の身体技術の低下を招いているのではないでしょうか。

 

 

まず、ヨーロッパを模範とした礼式は日本の民族性に合わせて生まれたものではありません。民族性に合わないことを真似した結果、緊張した身体になってしまいました。

 

 

緊張する原因は、無理やり西洋の姿勢と動きを真似したからだと思います。さらに軍隊の礼式は動物的な動作から観れば不自然だと分かります。

 

「気をつけ」や「休め」の姿勢をしてみれば分かりますが、心地良いものではありません。

 

 

軍隊の礼式は、上の者が下の者を従えさせるために都合よく使えるもののようです。

 

 

上の者が「命令」を下し、下の者にその通りに動いてもらいます。そんな訓練を続けることによって主従関係を明確にしているのでしょう。下の者が命令通りに動いてくれる方が軍としては都合が良いし、勝手に動かれたら統率がつきませんね。

 

 

それはさておき、それらの礼式が身体に力が入る姿勢で行われているのが問題です。

 

「ピッ」と胸を張り、腕を指先まで真っ直ぐ伸ばし体側に添えます。さらに膝は伸び切り動いてはいけないのが「気をつけ」です。「休め」は、軽く足を開き、両腕を後ろで組みます。「休め」と言いつつ「ピッ」としてなければいけないので、5分も立っていれば辛くなる姿勢です。

 

「前へならえ」や「右へならえ」にしても「ピッ」としなければいけません。それらも緊張を招きます。

 

足を揃えての行進も背筋を伸ばしながら歩かないといけません。

 

 

昔より緩くなったとはいえ、これらが学校で指導されています。厳しいスポーツ根性の部活ではもっと酷いのではしょうか。知らず知らずのうちに「緊張してつくる良い姿勢」を身に付けているのです。

 

それらは日本人に合わない姿勢であるため反発が起こります。心地良くないことを強制されたら無意識に反発します。そうなると胸を張るとは反対の「猫背」になりやすいのです。

 

この礼式には、身体の不具合を発生させる要因が多々あります。そして、これらの姿勢を基に今も雑誌、書籍やトレーナー等が「良い姿勢」を指導されています。背筋を伸ばした良い姿勢ですね。

 

ヨーロッパの民族は、もともと骨盤が前傾しているので連動して胸が上を向きます。胸を張ったように見えるだけで、背筋を伸ばそうとしていません。

 

日本人は、骨盤が後傾しています。後傾すると胸は張ったようには見えません。腕と肩の力が抜けていけば下に流れるように垂れていきます。

 

よく「日本人は猫背だ」と言いますが全くの誤解です。骨盤が後傾することで胸が開き、肩が下がります。腕は「スー」と下に流れていきます。

 

このような姿勢であるため、軍隊式の礼式を行なうと苦痛を強いられるのです。礼式は日本人にとって合わない姿勢と動作なのです。

 

日本には、作法や所作というものがあります。作法は、武術、茶道などに様々な流派がありますがどれも身体の緊張を取っていくもののようです。

 

空気のように軽やかな動作であるため、精神的苦痛がなくなります。一方、学校の礼式は身体面に苦痛が生じ精神的にも苦しくなります。

 

日本の作法や所作にも共通点があり、それを日々の生活に取り入れていくと身体が楽になり精神的にも楽になります。

 

日本の武術、所作の共通点を型にしたのが「優しい動き」です。

 

優しい動きを実践し続けると、明治以前の日本人は、日常をいかに楽に過ごしながら仕事をしていたのかと実感できます。今は、苦痛を乗り越える頑張りが必要な風潮があります。機械がほぼない時代で、筋トレのような動きをしていたらすぐに疲れて何もできないでしょう。苦痛なく動ける方が楽ではないでしょうか。

 

スポーツにどっぷり浸かってしまうと、筋疲労させれば成長すると思ってしまいがちですね。でも、筋疲労を過剰に伴う動作は下手以下のダメな動作です。学校の礼式も筋疲労してしまいますね。

 

なので学校の礼式やスポーツ根性的な部活は真面目にやらないようにしましょう(笑)真面目にやっている人ほど固い。

 

スキンドライブでは、日常を軽やかに過ごす提案もしています。自分の身体の緊張を物理的に取っていくと身体が良い響きを奏でます。そんなことが分かる発声法もやっています。

 

施術者の身体が緩んでいるから、患者様の身体の自然治癒力が発揮されます。ですから

施術者は自分を磨かくことが大事

だと気が付けるセミナーがスキンドライブです。手技手法はテクニックで術者の状態を磨いてくれません。

 

スキンドライブの漫画や電子書籍もありますのでよかったら(^^)

 

スキンドライブの施術もしています(^^)

施術の予約とお問い合わせはこちら→お問い合わせ

 

北海道・旭川スキンドライブ基礎セミナー

日時 6月3日 10:00-18:30?

場所 旭川開催(申し込み後詳細を送ります)

料金 108000円

申し込みとお問い合わせはこちら→お問い合わせ

 

北海道・旭川スキンドライブ基礎トレーニング

日時 5月26日(土曜日) 13:30-17:30

場所 旭川整体SMILE

料金 5000円

人数 5名まで

申し込みとお問い合わせはこちら→お問い合わせ

 

北海道・旭川スキンドライブプロ

日時 4月28日(土曜日) 13:30-17:30

場所 旭川整体SMILE

料金 5000円

人数 5名まで

申し込みとお問い合わせはこちら→お問い合わせ

 

宮城・東京・大阪のセミナー情報

スキンドライブシステムホームページから→http://skin-drive.com

 

スキンドライブと優しい動きの電子書籍

 

スキンドライブシステムが分かりやすい漫画→新井さんまんが電子書籍201804

口癖を変えるとどんな効果があるのかが分かる書籍。おすすめです(^^)

 

スキンドライブのLINE@

創始者とインストラクターのブログやお得な情報が見られます。気軽に登録してください。